ひばり

がんに負けないために

あなたは朝型?夜型?睡眠と乳がんの関係

あなたは朝型ですか? 夜型ですか?夜型生活は乳がん発症リスクを上げます。逆の言い方をすれば、昼型生活は乳がんの発症リスクを下げるということです。今回は睡眠が乳がんに影響していたという話を掘り下げて見たいと思います。
しびれ

乳がんの抗がん剤による「しびれ」はいつまで続くの?

抗がん剤終了から7年過ぎても副作用としての手足の「しびれ」が未だ残ってます。がまんでないというわけではないけれど、なんとなく煩わしいこの「しびれ」はいつまで続くのか、また「しびれ」を緩和する方法をご紹介します。
日本人の食生活の変化で病気も変化

日本人の食生活の変化で病気も変化

食べ物は直接、私達の身体に跳ね返ってきます。戦後の食生活の変化と病気の変化を照らし合わせて考えます。日本人の嗜好の変化にあるものが関係していた・・・
乳がんの定期健診

乳がんの定期検査が近づいてきました

乳がんの定期検査。7年目なのにまだ検査するんです。乳がんは術後10年はやるみたい。乳がんは進行が遅いので、5年を過ぎても再発することがあるからです。「どうせ何も悪いところがないんだから、お金と手間がもったいないなぁ」と、不届きものは思います。
バスタイムカバー・湯あみ着(温泉入浴着)

新型コロナ禍が収まったら温泉行きたいなぁ

新型コロナ禍が収まったら、皆さん何したいですか?私はやっぱり温泉に行きたいです~~ 実を言うと、私は温泉とか公衆浴場が苦手でした。それが変わったのはむしろ乳がんになってからです。乳がん全摘手術後、公衆浴場にいくようになったきっかけのお話。
がんに負けないために

「簡単にできる瞑想」で心も身体も軽く

「簡単にできる瞑想」をご紹介したいと思います。「ちょっと休む」それだけのために「瞑想」してみませんか? 結構良いものです。瞑想ってやってみると気持ち良いし、感情のコントロールにやくだったり、副交感神経が優位になり、リラックスできます。
新型コロナウイルスと自己免疫力

新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応

新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応、そしてがん治療中の方が新型コロナウイルスを避けるためにできる工夫をご紹介します。
岡江久美子さん乳がん闘病後、新型コロナで死去

女優の岡江久美子さんが新型コロナで死去

女優の岡江久美子(おかえ・くみこ、本名・大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが新型コロナにより亡くなりました。 このところ小宮璃央さん、ケツメイシRYOJIさん、森三中の黒沢かずこさん、宮藤官九郎さん、石田純一さん、お笑い芸人ゴリけん...
「蜂窩織炎」と「新型コロナ」の皮膚症状

「蜂窩織炎」と「新型コロナ」の皮膚症状

新型コロナで報告されている皮膚症状と、リンパ浮腫の人がなりやすい「蜂窩織炎」が似ているそうです。「皮膚に非常にひどい灼熱感を持っていて燃えているかのよう」あるいは、「電気が走るような、凍傷のような、ときに痛みを伴う発赤、蕁麻疹のような」症状が観察されました。
環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモンはエストロゲンに似た作用をするので、乳がんリスクを知らず知らず受けてしまいます。または乳がんだけではなく、アレルギー、子宮内膜症、不妊、発達障害など、他の疾病にも影響していると問題視されています。日々の暮らしで、環境ホルモンをなるべく避けて暮らすにはどうしたらよいかをお話したいと思います。
ナイトブラと乳がん

乳房がないのに「ナイトブラ」を買った理由

私は乳がん経験者で、右胸を全摘出しています。そんな片方の乳がない私が最近、ナイトブラを購入しました。乳房がない私にはナイトブラは無縁なものなのですが、これが思いがけず快適だったので記事にしてみたいと思います。
乳がん発覚前の異変

乳がんと肩甲骨のコリ「膏肓」のツボ

今回お話するの肩甲骨にあるツボの「膏肓」のお話です。ずっと気になってたことが、肩甲骨のコリ、特に膏肓のコリについてです。私の乳房の中にまだガンがあったころから手術後しばらくは、「膏肓」がめちゃくちゃ凝っていたんです。乳がんと肩甲骨のコリは連動している気がしています。
乳がん手術

乳がん手術直後に腕が上がらなくて困ったこと

私が乳がんの乳房全摘出手術を受けたのは7年前。 その当時のことを振り返って書きます。 乳がん手術の影響で筋肉や脇の下の皮膚が縮み、腕があがりにくくなることがあります。 腕が上がらないのぬぐはとても不便です。 例えば服を脱ぐと...
免疫力が下がる化学療法

免疫力が下がる化学療法中を上手に過ごす工夫

今回は化学療法中の過ごし方をお話します。いま新型コロナウイルスによる新型肺炎が猛威をふるっています。どうやら日本でも流行をさけられない状況の中、特に化学療法中の免疫力が落ちている状況の方は、健康な人よりより一層気を付けて過ごしていかなくてはいけません。
新型コロナウイルスと自己免疫力

新型コロナウイルスを防ぐため自己免疫力を高める5つのルール

新型コロナウイルスによる肺炎がとうとう第二の局面を迎えてしまいました。自分の身は自分で守ることです。ガンなどの病気を持っている方、特に抗がん剤治療をしている方は、免疫力が通常よりそうとう下がっています。「自己免疫力」を高めることが大切です。免疫力を高めるよう、免疫力をさげなうよう、一層気を付けて対処しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました