がんに負けないために

体を温める食材とおすすめレシピ

体を温める食材とおすすめレシピ

免疫力を下げるものとして「冷え」があります。どうか身体を温め、免疫力をアップして今年の冬を乗り切りましょう。寒い季節は身体を温める食べ物を積極的に摂りたいものです。けれど、身体を温める食材って、生姜は有名ですがそれ以外って?
がんに負けないために

自分や家族が乳がんになったときに手にしたい本

「乳がん」は女性のがんではトップで、羅漢率は年々増え続け、今や11人に1人は乳がん経験者と言われています。近年の医療技術の進歩から、人口は多いけれど死亡率は少ない、つまり乳がんは治るガンになりつつある昨今。正しい情報と知識を得るため、なるべくたくさんの支持がある本をピックアップしてみました。今回は、自分や家族が乳がんになったとき、まず始めに手にしたい本の紹介です。
がんに負けないために

日常的に食べている発がん性のある食べ物

日常的に食べている食品に、発がん性のある食べ物はたくさんあります。代表的なものと、意外なものをピックアップしました。また、発がん性のある食べ物を足るべく食べない工夫も含めてお伝えします。
だいたひかる

だいたひかるさん乳がん治療中断し不妊治療

女性お笑い芸人のだいたひかるさんが、乳がんの治療を中断して、不妊治療を決意したと報道がありました。乳がん治療を中断し不妊治療に踏み切ることを報告。「大いに命をかける甲斐があるので、挑戦してみようと思っています」とコメント。だいたさんに向けて多くの反響が寄せられています。
がんに負けないために

食べ物の色と健康リスクの話

健康に良い色の食材、健康に悪い色の食材とは。意外なものが健康に悪かった。あるいは健康に良い色の食材などの紹介。
乳がんの多い国

乳がんの多い国は?世界と日本の乳がん事情

日本では乳がんは年々増えている状況ですが、海外ではどうなのでしょうか?欧州各国のガン患者数を比較したところ、スイス、イタリア、ドイツ、スウェーデンなど富裕な国ほど多く、旧ソ連邦や東欧諸国など貧しい国ほど少ない事が明らかになりました。
がんに負けないために

あなたは朝型?夜型?睡眠と乳がんの関係

あなたは朝型ですか? 夜型ですか?夜型生活は乳がん発症リスクを上げます。逆の言い方をすれば、昼型生活は乳がんの発症リスクを下げるということです。今回は睡眠が乳がんに影響していたという話を掘り下げて見たいと思います。
がんに負けないために

「簡単にできる瞑想」で心も身体も軽く

「簡単にできる瞑想」をご紹介したいと思います。「ちょっと休む」それだけのために「瞑想」してみませんか? 結構良いものです。瞑想ってやってみると気持ち良いし、感情のコントロールにやくだったり、副交感神経が優位になり、リラックスできます。
環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモンはエストロゲンに似た作用をするので、乳がんリスクを知らず知らず受けてしまいます。または乳がんだけではなく、アレルギー、子宮内膜症、不妊、発達障害など、他の疾病にも影響していると問題視されています。日々の暮らしで、環境ホルモンをなるべく避けて暮らすにはどうしたらよいかをお話したいと思います。
がん告知されたあとの対策

がん告知後に私がやったこと3つのこと

がんというとかなりショックを受ける方も多いのは確かです。頭の混乱を鎮めるために、がん告知後に私がやったこと3つご紹介いたします。これだけするだけでもかなり気持ちが落ち着きますよ。
がんに負けないために

災害時にがん治療中の場合の注意点

日本は災害大国で、台風に限らずいつ地震や火災などの災難が襲ってくるかわかりません。そんなときにがん治療中だったらどうしたら良いのでしょう。またがん患者を抱える家族としてどう対処して良いのでしょうか。そこで今回は、災害時にがん治療中だった場合の注意点や対処法などを書きたいと思います。
がんに負けないために

正常性バイアスと病気

正常性バイアス(せいじょうせいバイアス)と言う言葉をごぞんじでしょうか。認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語のひとつです。正常性バイアスは災害や事件だけではなく、病気に大しても当てはまるのではないでしょうか。
がんに負けないために

乳がん経験者におすすめフィトセラピー(植物療法)

私の乳がんはホルモン依存型なので10年、まだあと4年も残っているので、やっぱり再発や転移にはまだ気を使った方が良いということになりそうです。植物を生活に取り入れることで健康な身体と心を作り環境を整える『フィトセラピー(植物療法)』。植物の力を借りて、自然治癒力を高めて免疫力をアップしたり、抗酸化力を高め、老廃物や有害物質を排出する解毒(デトックス)させたり、多成分による相乗効果が期待できます。
がんに負けないために

乳がん手術跡を活かしたタトゥー

乳がん手術跡を隠すのではなくタトゥーにして楽しんでいる例をご紹介します。海外の人たちは手術跡や傷跡を活かした自由な発想のタトゥーを施して楽しんでいます。あえて手術跡を活かすタトゥーのお話です。手術跡を隠すのではなく「見てみて!」と見せたくなることうけあいです!
がんに負けないために

手作りブラパッド(乳房パッド)を作ろう

乳がん手術により、乳房を切除した人はそのままだと左右で形が違うので、ブラジャーの中にパッドを入れます。全部の乳房を摘出した全摘手術の人は乳房全体の大きなもの、一部分を切除した乳房温存手術の人は切除した部分を補うサイズのもの、と、人によっていろいろです。そこで今回は手作りのブラパッド(乳房パッド)に注目してみました。
タイトルとURLをコピーしました