ホルモン療法中のイソフラボン

タモキシフェン

乳がんのホルモン療法(タモキシフェン)を5年間続けて

私の乳がんはルミナルBタイプ、ホルモン受容体陽性乳がんの典型的なタイプ。閉経前だったので、タモキシフェンという女性ホルモンのエストロゲンを抑える薬を5年間飲み続ける治療を受けました。今回はそのタモキシフェンのリスクや副作用についてお話いたします。
ホルモン療法中のイソフラボン

ホルモン療法中にイソフラボンは摂るべきか摂らざるべきか

ホルモン療法の副作用対策としてイソフラボンを摂るべきか摂らざるべきか。ホルモン受容体陽性の乳がんのがん細胞の増殖をくいとめるために、エストロゲン(女性ホルモン)をコントロールして抑える治療をします。その治療により、ホットフラッシュ・冷え性・頭痛・骨粗しょう症などまるで更年期障害と同じような症状が出たりすることがあります。更年期障害と同じような症状なら、イソフラボンを摂れば症状が緩和できるのではないか?
タイトルとURLをコピーしました