華岡青洲

乳がん手術

世界で初めて全身麻酔で乳がん切除手術をした華岡青洲

世界で初めて全身麻酔で乳がん切除手術をしたのは、日本人の医師でした。時代は江戸時代、文化元年(1804年)、欧米に先立つこと40年、世界で初めての快挙でした。華岡青洲が開発した麻酔方法は、曼陀羅華、別名チョウセンアサガオなど数種類の薬草を配合した麻酔薬「通仙散」。
タイトルとURLをコピーしました