肥満・ダイエット

乳がんとコレステロールの関係

乳がんとコレステロールの切っても切れない関係

乳がんのリスクにコレステロールがあります。ホルモン受容型乳がんの場合、コレステロールを増やすことは再発リスクを上げてしまうことを意味します。コレステロールの副産物がホルモンであるエストロゲンと同様に乳癌の増殖および転移を促進することが分かりました。
タモキシフェン

ホルモン療法のダイエット:チラコイドダイエット

乳がんのホルモン療法は太りやすい。太れば乳がんリスクが増えてしまうためにダイエットは必須です。女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑制する薬は、体重が増加しますが、体重が増加すると脂肪細胞の中でエストロゲンが生産されるために、乳がんの発生を促進してしまうと言われています。リバウンドを防いで満腹ホルモンを満たすおすすめの「チラコイドダイエット」をご紹介いたします。
デブ菌・痩せ菌

乳がんやリンパ浮腫におすすめ:痩せ菌を増やす方法!

乳がんやリンパ浮腫に肥満は大敵です。それだけ乳がんとリンパ浮腫にとってリスクが高くなるのが分っています。「それほど食べてないのに太ってしまう」「どうして痩せないの?」そう思う方は、デブ菌と痩せ菌のバランスが悪くなってるかもしれません。
地中海式ダイエット

乳がんの予防に「地中海式ダイエット」

「地中海ダイエット」は窮境のダイエット方法として注目を集めています。地中海ダイエットは心血管イベント(心筋梗塞や脳卒中など)のリスクを大幅に下げるということで話題になりました。そして私たち乳がん患者にうれしいことに、「地中海ダイエット」は、乳がん予防にもおススメできるダイエット方法と言われています。
肥満・ダイエット

乳がんと肥満の関係:ホルモン療法中のダイエット

いままで乳がんと閉経後の肥満については関係性が指摘されておりました。一方、閉経前の肥満については乳がんと関係ないとされていました。これがどうも一概にそうではないらしいのです。今回は「乳がんと肥満との関係」をご説明いたします。
タイトルとURLをコピーしました