手足症候群の原因

手足症候群

乳がんの抗がん剤による「手足症候群」について

手足症候群とは、抗がん剤によって手や足に障害が出る副作用のことです。手足の皮膚生涯や、爪の変化、手足のしびれなどを総称して「手足症候群」と呼びます。手足のしびれ、やけどのようなヒリヒリ、水泡になりベロンと剥けました。爪も波打ってきて薄くなり、もろく割れやすい状態になり、やがて全部剥がれ落ちました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました