老人性膣炎

ホルモン療法

乳がんのホルモン療法後の萎縮性膣炎(老人性膣炎)と性交痛

ホルモン依存タイプ乳がんの「ホルモン療法」というのは、女性ホルモンの分泌を抑える薬を5年間飲むというもので(人によって注射も)、副作用として更年期障害と同じものが出ます。 ほてり(ホットフラッシュ」)だったり、めまい、頭痛、冷え、鬱、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました