がんのない乳房の予防切除の保険適用検討について

がんのない乳房の予防切除の保険適用検討について乳がん手術

がんのな乳房を予防的処置として切除する「乳房の予防切除」の保険適用が話題です。

がんのない乳房を切除すると、切除しなかった人と比べて死亡リスクを半減させることが海外の複数の研究からわかっています。

日本乳癌学会は18年、診療ガイドラインの中で、遺伝子変異を持った女性の乳房にがんが見つかった場合、リスクを下げるためにがんでない方の乳房をとる手術を「強く推奨」するとしています。

今現在、予防的手術は保険適用外のため、費用は全額自己負担です。

施設ごとに異なると思いますが、乳腺の全摘出と再建術で100万~200万円とされ、予防切除を望んでも費用を理由に手術をためらう人は多いのではないでしょうか。

統計によると将来がんになるリスクを下げるため、2016年8月までの1年間に49人が受けていたことがわかりました。

今回は、「乳房の予防切除」とはどういう手術なのか、また皆がそれについてどんな反応をしているのかを調べてみました。

乳房の予防切除

乳房の予防切除とは

「乳腺」という組織をあらかじめ切除することで、将来、乳がんが発症するリスクを抑えようというのが、「予防的乳房切除術」です。

どのような手術か

手術方法には、2つの方法があります。

乳がん 手術

胸筋温存乳房切除術
乳腺と一緒に乳頭・乳輪と皮膚を取る手術。
皮下乳腺全摘術(乳頭温存乳腺全摘術)
乳頭・乳輪と皮膚を残して乳腺だけを手術。

いずれもインプラントを用いて同時再建することができます。
どちらが適しているかは、手術対象者が抱えているリスクや、バストの状態によって異なるということです。

対象となる人は?

今現在の乳房の予防切除を受ける対象となる人はこんなケースです。
(注:乳房の予防切除の保険適用対象になる人ということではありません)

  • 遺伝子検査で、がん抑制遺伝子のBRCA1とBRCA2のどちらか、もしくは両方に変異がある人
  • 血縁者に乳がんや婦人科がんになった方がいる人
  • 乳がん検診で、いつも再検査を勧められることが多い
  • 一方の乳房が乳がんになったことのある人

2013年ハリウッド女優のアンジェリーナジョリーがこの予防切除をして話題になったことがありますね。

彼女はがん抑制遺伝子BRCA1に変異があることがわかり、医師から乳がんに罹患するリスクが87%、卵巣がんのリスクは50%と診断されたといいます。

 

乳房の予防切除の保険適用に対する皆の意見

この乳房の予防切除に対する皆の感想は、肯定的な意見・否定的な意見が分かれました。

全体的には否定的な意見が多いようです。

私的に気になっているのは、デメリットが提示されていない点。
なんでもメリットだけでなくデメリットがあるはずなので、その辺が今後わかってくると良いですね。

肯定的な感想

医療費全体も安くなるのではないか?

癌になるに 自己意思で乳房摘出するのと 癌になってから泣く泣く乳房摘出するのでは 大きく心が違う。
また 事前なら生活予定も立てやすい 放射線治療や 抗がん剤の副作用で悩み苦しむこともない。

生きる可能性が高まる選択肢

生きる可能性が高まる選択肢を、国が用意してあげるべきだと思う。
摘出したいけど費用が高いからできない
→癌になりました
では悲しすぎる。
そういう人が多いか少ないかは別として、整備は必要かと。

厚労省の対応を歓迎したい

概念として遺伝子変異を生まれつき持っていることが、すでに疾患と考えるべきで、遺伝性乳がん卵巣癌症候群という疾患に対する治療であり、がんの発症予防目的ではない。当然保険で対応すべきであり、これに保険が対応しないならば理論上全ての遺伝病は対応不可能となるだろう。ようやくではあるが厚労省の対応を歓迎したい。

否定的な感想

明確なリスク開示と不利益への支援を

2013年乳房再建のインプラントが保険適用になった。
しかし保険の手術後に乳房左右が非対称になれば修正は自費。公然の秘密だ。
サイズ二百数種のうち日本人に合うものは実際は十数種だと、2018年頃になって開示された。
インプラントに変わる脂肪注入術の来年の保険適用を、形成外科医らが訴えている。
結論ありき、筋書きがあったのでは?等と患者の声も挙がる。

乳房の全摘出の可否と矛盾してない?

それ以前の問題として、確か「乳房の全摘出の可否は乳がんの再発確率に全く影響しない~有意な差はみられない」という米国保健当局の見解を読んだことがあるのだけれど。予防的摘出手術自体が外科医の自己満足(安心保険)でしかなく、患者には何の利益もない過去の習慣・・・と結論されていた様な・・・。それを国民健康保険で実施するとか誰得なの?
周回回って結論が一転反転してるのでしょうか?

なってもないけど癌が怖いから胸とっちゃいます?

乳房は別に欠けても生命維持に問題ない、だから乳癌で高額な医療費かかるより、予防で先にとっておいてくれた方が、”国の”都合が良い。

乳癌でやむを得なく切除してる人がほとんどなのに。なってもないけど癌が怖いから胸とっちゃいます!っていう人どれくらいいるんだろう。

過剰な医学はどうなんだろうか

がんは複雑な病気で乳房を切除したところで転移を防げない場合もあるだろう。子宮頸がんワクチンが失敗したように、過剰な医学はどうなんだろうか、確かに若いうちにがんで亡くなるのは悲しいけど、完ぺきではない、手術が失敗することもある。体に必要以上にメスを入れるのは極力避けるべきではないか。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

乳がん手術乳房の予防切除
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました