ルピエラインの口コミ・評判:私がリンパ浮腫を発症してしまったきっかけ、セルフドレナージってどうしてますか?

リンパ浮腫 手リンパ浮腫
【注目記事】
医療用ケア帽子(ケアハット)がんCARE用品のことならキスマイライフ
>>キスマイライフの口コミ

ルピエライン

  • 腕が重い
  • 1日中だるさを感じる
  • 夕方になると足がむくんでくる
  • 指で押すとへこんだまま、戻ってこない
  • 冷え性が悪化する

などなど
これは、リンパ浮腫を経験したことのない人には伝わらないと思います。

リンパ液は体の老廃物を運ぶ役割をしますが、手術後はリンパの流れが悪くなり、リンパ液が手術した側の腕の皮下組織に溜まり、浮腫む(むくむ)ことがあります。

これを「リンパ浮腫(ふしゅ)」と呼びます。

乳がんの手術で脇の下のリンパ節(腋窩リンパ節)を切除した人はリンパ浮腫になりやすいので注意しなくてはなりません。

手術でリンパ節を切除した人はこのリンパ浮腫を恐れるものです。
だいたい術後の5~25%に起こると言われています。

私も乳がんの手術をきっかけにこのリンパ浮腫を発症してしまった一人です。
上の写真が私の手。右手が浮腫のある手です。

今回はこの「リンパ浮腫」の紹介、また「リンパ浮腫クリーム:ルピエライン」を後半に追加しました

ルピエライン』の購入はコチラから

リンパ浮腫とは

はじめにリンパの流れを少しご説明いたします。

リンパ浮腫とは

ルピエラインの口コミ リンパ浮腫

しくみ

リンパ浮腫は交通渋滞に例えられます。
道がリンパ管車がリンパ液です。

リンパ浮腫のしくみ

発症したきっかけ

油断をしたときに災いは来るものです。

以前、ブレスレットがきっかけでリンパ浮腫を発症してしまった方のブログを読んだことがあります。
あるいは気が付いたら腕が太くっていたという方もいます。

リンパ浮腫は発症すると、改善はすることがあっても完治がなかなか難しく一生付き合わなければいけない病気なので、油断をせず発症させないことが大切です。

私がリンパ浮腫を発症したきっかけ

セルフドレナージ(リンパマッサージ)ってどうしてますか?

私のリンパ浮腫は、乳がん手術による後遺症で手術後5年経ってから発症しました。

発症してからは、セルフドレナージ(リンパマッサージ)や圧迫療法などで、なんとか付き合って悪化させないように過ごしています。

これを読んでおられる方の中には、私のようにリンパ浮腫でお悩みの方は多いかと思います。

皆さん、セルフドレナージってどうされてます?
ずっと疑問なんです、皆さんちゃんと続けているのかしらって。

面倒くさがり屋の私にとって、セルフドレナージははっきりいって苦痛です・・・。
そこでお助けアイテムはないかと探していて出会ったのが「ルピエライン」というクリームです。

リンパ浮腫専用のクリームなのですが、セルフドレナージは基本的にいつもこれを塗って行います。

ただ、かなりサボり魔なので、むくみがひどく調子が悪い時は真面目にマッサージしますが、普段は深呼吸と肩回しだけして「ルピエライン」を簡単に塗ってざっくりマッサージするだけことも多いです。

このクリームはただ塗るだけでもかなりポカポカして気持ち良いんですよ~。
香りもほんのり甘い香りで塗っているだけで幸せな気持ちになります。
ほんといいです!なんといっても楽だし、塗るだけで気持ち良いので、私のお気に入りです!

どんな商品か気になりますよね?

リンパ浮腫外来に行って弾性包帯を指導してもらってからは、手放せない必須アイテムになったので後半で詳しく紹介したいと思います。

リンパ浮腫外来に行ってきた

今回はその後のこと、リンパ浮腫外来ある病院に行った話を書こうと思います。

私は乳がんを治療してくれた大学病院でリンパ浮腫の指導を受けていましたが、専門医というわけではなかったので、弾性着衣の弾性スリーブと弾性グローブに満足がいかず、それどころか着けた方が悪化してた状態でした。

リンパ浮腫外来に行った話

「ルピエライン」クリーム

ルピエライン 効果

ルピエライン」は美容専門雑誌や新聞はもちろん、医学誌にも掲載されているのでどこかでご覧になった方は多いのではないでしょうか。

ルピエラインは「むくみ」「リンパ浮腫」「こむら返り」「冷え」「肩こり」「腰痛」で悩んでいる方の間で話題です。

17種類の天然エキスと12種類の植物成分が配合。
寝る前に使用すると睡眠中に血液とリンパ液が循環し、むくみ・冷え・乾燥に効果があると定評のクリームです。

バニラ豆から抽出した成分がリンパの浮腫みや冷えを緩和

ルピエラインはとても良い香りがするのですが、どこかで嗅いだことのある懐かしい香りだと思ってたんですよね。そうこれ「バニラ」です!

ルピエラインの成分として、むくみや冷えに良いとされている『バニリルブチル』というものがあるのですが、これが温感の元になっているのです。長時間続く温かさによって血行促進・リンパ液の循環・筋肉の緩和などを促し、だるくて重いむくみや辛い冷えの緩和に繋げます。

肌にダメージを与える添加物や刺激物の配合はゼロということなので、肌が弱い方でも心配せずに使えると思います。
マッサージで使うので、刺激のあるものだと困りますからね。

使用成分の詳細については公式サイトをご覧ください。

大きさはこのくらい

ルピエライン 効果なし

「ルピエラインの大きさ」はこのくらい。
普通のハンドクリームと同じくらいの大きさでしょうか。

付属品の「カッサ」とはなんぞ?

ルピエラインクリーム

パッケージの中には「カッサ」が付属品として入っています。
こちらはマッサージの際に使用するものだそうですが、足や肩のマッサージには気持ちよさそうですが、腕のリンパ浮腫に良いのかわからないので、今現在は使ったことがありません。
良い使い方がわかったらご紹介しますね。

ルピエラインを使った私の感想

ポカポカ感が絶妙

ルピエラインを使用しての私の感想としては、とにかく「ポカポカする」ということ。
そしてそのポカポカ加減が気持ち良いんです~。

温湿布のようで、あんなに刺激的ではなく、ちょうど良いかげんの絶妙なポカポカ感なんですよ。

そのポカポカ状態は1時間くらい続きますので、寝る前にしようするとちょうど眠りを誘い、寝つきも良くなった気がします。
冷え性を改善したい方はぜひ足に塗ってみてください。きっと良い眠りに付けるはずですよ。

マッサージしやすい伸びの良さ

ルピエラインはかなり伸びが良く、一度腕全体に伸ばしてマッサージしていても途中で足すことがないので、マッサージに集中でます。

リンパマッサージは前処置として腹部や鼠径リンパ節や鎖骨リンパ節からマッサージしますが、私はケチって腕意外はお安いベビーオイルを使用して、腕だけ特別扱いで「ルピエライン」を使用することにしています。

(以下の写真は前処置のマッサージを済ませて、実際にルピエラインを使うところからです)

ルピエラインの一回の使用量は十円玉1個くらい

ルピエラインの一回の使用量は十円玉1個くらい

ルピエラインは伸びが良いので、すっと伸びます

ルピエラインは伸びが良いので、すっと伸びます

ルピエライン

1.肩 2.二の腕 3.ヒジ下 4.手のパーツに分けて、それぞれ下から上に向かってマッサージします。

保湿力の高さ

リンパ浮腫はとにかく肌荒れ厳禁な病気なので、保湿には気を使いますよね。ササクレひとつで蜂窩織炎なんてたまりませんもんね。

私はルピエラインをマッサージの際に塗っているだけで、それ以外ハンドクリームも使わないですが、特にトラブルなしで過ごしています。
きっとルピエラインは保湿力が高いので、その効果だと思っています。

ルピエラインを使用して気になった点

ピリピリする刺激について

ただ、誤解されがちなのが、人によってぴりぴりとする刺激を感じることがあるようなのですが、これは「温熱蕁麻疹」という、急に温められたことによって生じる一過性のものですので心配しなくて良いとのことです。

べたつき

腕に伸ばしたときのべたつきは感じません、サラッとしています。
けれど手のひらに残ったクリームはなんとなく残ってる感があって、手のひらだけ洗ってしまいます。
気にしすぎ出ようか? でもそれは個人的に気になる点です。

『ルピエライン』をお得に買う方法

ルピエラインは店舗で販売していないため、通信販売限定の商品となります。

『ルピエライン』は公式サイトの定期コースなら初回50%OFFの3,870円(税別・送料無料)で購入することができます。

ただ、定期コースだと自分に合わないときはどうしようかと不安になりますよね。
でも大丈夫心配は無用です。
初回に限り90日間の返金保証が付いているので万が一満足できなくてもお金が戻ってくるシステムがありますので安心できます。

リンパ浮腫は残念ながら一度発症してしまったら、一生付き合わなければならない病気と言われています。

リンパマッサージも1回2回で効果が出るわけではなく、続けていくことが大切です。

『ルピエライン』で根気よくケアしていきましょう。

ルピエライン』公式サイトへ

*売れてる理由はコレ

>> 1⃣2⃣3⃣

参考サイト

リンパ浮腫専用クリーム:ルピエライン
販売業者:株式会社イコールヒューマン
運営統括責任者:木村 哲也
所在地:〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-3-801
ホームページ:http://le-pied-line.com/

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

タイトルとURLをコピーしました