ホルモン療法のダイエット:チラコイドダイエット

スポンサーリンク
ホルモン療法は太る!!タモキシフェン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳がんはダイエット必須のがん

「癌」って一般的に痩せるイメージがありますが、あれは消化器系のがんであって、乳がんは太ります。

男性はぽっちゃり系の方が好み?
いえいえそういう問題じゃないんです。

乳がんの場合、太るのはイコール健康じゃないですよ。

なのにその治療のひとつであるホルモン療法は太ると良く言います。
食欲が増進されてつい食べちゃうんです。

ホルモン療法をしている患者は空気吸っても太るんじゃないかと言う方もいるくらい太りやすいです。
中には10キロ以上太る方も多いそうです。

ホルモン療法は太ると良く言いますね。

ホルモン剤を使用して太るメカニズム

タモキシフェンのような女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑制する薬は、体重が増加しますが、体重が増加すると脂肪細胞の中でエストロゲンが生産されるために、乳がんの発生を促進してしまうと言われています。

なのでホルモン療法の人は、体重を増やさないように増やさないように生活しないといけないということです。

体重が増加する人の傾向

なぜ体重が増加するのかはよく分かってないということですが、体重が増える人の傾向はわかっています。

もともと体重がオーバー気味の人は太る傾向があり、痩せ気味の人はあまり問題になる人は少ないようです。

太ると乳がんリスクが増えてしまう

太ると乳がんリスクが増えてしまうので、乳がんは常にダイエットと付き合わなければならないということ。

リンパ節郭清した人のリスクとしてリンパ浮腫があります。
浮腫を予防するのにもやはり体重を増やさないことが大切になります。

乳がんと肥満の関係:ホルモン療法中のダイエット
いままで乳がんと閉経後の肥満については関係性が指摘されておりました。一方、閉経前の肥満については乳がんと関係ないとされていました。これがどうも一概にそうではないらしいのです。今回は「乳がんと肥満との関係」をご説明いたします。

 

具体的にダイエットはどうするのか

で、具体的にダイエットはどうするのかという重大問題。

太らないようにするのは結局のところたった一つしかありません。

つまり「食事のカロリー」と「消費するカロリー」が釣り合うようにする以外にないのですよね。

巷でいろんなダイエット法が流行りますが、結局のところこのバランスを保つために行う「手段」に過ぎないです。

具体的にダイエットはどうするのか

食事で痩せる

もちろんダイエットに良いものはわかっています。

カロリーが低く、太りにくいもの。
コンニャクとか野菜とかきのことか・・・
言われなくてもそんなもの百も承知です。

ではなぜ食べてはいけないカロリーが高いものを食べてしまうのか。

ダイエットに一番重要なもの、これがなければ絶対に成功するわけないもの。

それは「自分の意志」です。

運動で痩せる

ウォーキングや軽いジョギング有酸素運動が良いのはわかってます。
これも、いままでさんざん言われてきたように、軽く汗をかく程度の運動を週3回~毎日続ける。

それができていれば太らないはずです。
できていないから太るのです。

運動で痩せる

太るのは自分の心の問題が大

そうなんですよね、食事制限しても運動を頑張っても、問題は意志が重要。

心が強い人なら痩せられるし、自己管理もちゃんとしているので太りらないってことなんです。

とどのつまり太るのはそれができないから太るんです。

体重計に乗る恐怖

自己管理できる人のダイエットは「体重計に乗る」というところから始まっているのかと思います。

ちょっとお肉が付いたなと感じたらすぐダイエットする・・・。
単純です・・・実に。

ああ、なぜこんな単純なことができないのでしょう!

結局は「心の問題」自分の意志が大きいのだと思います。

体重計に乗るだけ

「満腹ホルモン」を満たすダイエット

なので意志が強くない人、自分に負けてしまう人は、手っ取り早くダイエットサプリのお世話になった方が無難です。

ホルモン依存型のタイプの乳がんの人は女性ホルモンが入ってないサプリを選ぶことが大切になります。

満腹ホルモンを満たす「チラコイドダイエット」をご存じでしょうか。
これは女性ホルモンではなく、満腹ホルモンを満たすダイエットです。

チラコイドの効果

チラコイド(thylakoid)とは葉緑体にある袋状のもの。
チラコイドを摂ると満腹ホルモンが出て食べ過ぎの予防ができると話題です。

チラコイドの効果が以下のものです。

  • 満腹ホルモン(レプチン)を増やす
  • 血糖値の抑制
  • 食欲抑制

チラコイドの効果

リバウンドしやすい時期

ダイエットの落とし穴はリバウンドです。
リバウンドを乗り切ることがダイエット成功のカギとも言えます。

満腹ホルモン(レプチン)は脂肪細胞から分泌されるのですが、過酷な減量で急激に細胞が縮むと分泌がおさえられます。
急激な減量はイコール飢餓状態と身体が認識するのです。

減量が進むと必要な栄養を摂取するように脳が指令を出し、満腹ホルモン(レプチン)の分泌を抑え食欲を増進させます。

このときがリバウンドしやすい時期。
満腹ホルモンの分泌を抑えられたときに満腹ホルモンが出るようにすれば、余計なものを食べたりすることがなくなるわけです。

チラコイドの上手な摂り入れ方

食べ過ぎないをサポートする「チラコイドの満腹効果」は6時間程度続くので、朝昼晩の3食の中に上手に入れるのが賢い方法です。

目標-5kgのスマートボディキャンペーン

チラコイド 初回980円のモニター参加

ダイエットサプリ「チラコイド」の口コミ

チラコイドの口コミ

お腹が空かなくなりました!顔がすっきりした感じがします!
チラコイドはクセもなく飲みやすかったです。なんといっても楽ちんで忙しい私にぴったりでした!
40代

チラコイドはクセもなく飲みやすかった

ベルトの穴が一つ手前になった!お腹がへこんだ!
混ぜる水や牛乳の量で味が調節できるので飲みやすかったです。
ダイエットを頑張ったという感じはなかったです!
30代

食欲をコントロールするのがチラコイド

しっかり満腹感があった!
食欲をコントロールするのがチラコイドだと聞いたので試してみました。
飲むだけだから、ダイエットを頑張ったという感じはなく、忙しい私にはぴったりでした。
30代

ダイエットを頑張ったという感じはなく、忙しい私にはぴったり

毎朝すっきり!続けてみたい。
ほうれん草がたっぷり入っている感じで、野菜不足の私にはあっていました。
朝から気分もカラダもスッキリ!!しました。ダイエットにも、美容にも手放せないです。
20代

 

満腹ホルモンを満たす「チラコイドダイエット」

980円でチラコイドを試してみる

タイトルとURLをコピーしました