乳がんと肩甲骨のコリ「膏肓」のツボ

乳がんと肩甲骨のコリ「膏肓」のツボ乳がん発覚前の異変

今回お話するの肩甲骨にあるツボの「膏肓」のお話です。
ずっと気になってたことが、肩甲骨のコリ、特に膏肓のコリについてです。

私の乳房の中にまだガンがあったころから手術後しばらくは、「膏肓」がめちゃくちゃ凝っていたんです。

手術直後は膏肓に猛烈なコリを感じていました。
背中のマッサージ棒が欲しくて欲しくてたまらんかったです。

これ↓

乳がんと肩甲骨(膏肓)のコリには関連があるのでしょうか?

膏肓とはなにか

そもそも膏肓とはなにかをご説明します。

「病膏肓に入る(やまいこうこうにいる)」という言葉があります。

「膏」とは、心臓の下の部分、「肓」とは、横隔膜の上の部分。この場所は薬も針も届かないので治療が困難な場所ということから、病気が重くなって治療のしようがないことを表すようになったと言われています。

言葉としては「病気がひどくなり、治療のしようがない」という意味です。
趣味や道楽に熱中している人に対して、手の付けられなくなることの例えに用いられます。

中国、春秋時代、晋の景公が病気になったとき、病気の精が二人の子供となって膏と肓に逃げこんだので、病気が治らなかったという「春秋左伝」の故事から来ています。

膏肓のツボは肩甲骨の背骨側に対して一番とがった部分の内側のくぼみ。
第4胸椎棘突起の下で、背骨から指の幅4本分外側に位置します。

膏肓のツボ

膏肓のツボが滞ってるときの症状

膏肓のツボが滞ってるときの症状としては、一般的に次のようなものらしいです。

  • 胸の痛み、動悸がする
  • 鼻づまりや匂いがわかりにくい
  • 眼のかすみ
  • 耳鳴り
  • 歯ぐきが腫れる
  • 原因不明と診断された腕のしびれや違和感

いろいろ調べてみましたが、医学的には直接的には乳がんとの関連はないみたいなんですよね。

リンパ節転移、骨転移のある方は背中のコリを感じることもあるという意見、また反対に関係ないという意見も見かけたので、正直どっちなのかわかりませんでした。

肩甲骨(膏肓)にコリや痛みを感じている人は多い

乳がん体験談を見ると、この肩甲骨の痛みを感じている人は何人もいらっしゃいました。

実際、乳がん経験者で背中の凝りを感じているケース。

先日ふと右胸下に触った時にしこりを発見し、それから乳腺外科に予約・受診するまでの期間に、恐らくは精神的なものが大きく関わっていると思うのですが、右胸と何も無かった左胸にまで痛みを感じ、更に肩甲骨や肋骨まで痛み始めました。

相談室|神奈川乳がん治療研究会より

西洋医学は「悪いものを直接治療する」もので、東洋医学は「身体の内側から治療する」といいます。

乳がんの治療をする先生は西洋医学側から見るから、関連がないという意見になるのかもしれません。

膏肓は心理状態も左右する

膏肓は心理状態も左右する

さらに調べてみると、この膏肓のツボが詰まることによっておこりやすい心理状態があることがわかりました。

  1. 自分がそのまわりの人間や環境とほんとうの関係性をむすぶことができないと感じる
  2. 自分が人から愛されていない、人を愛することができないと感じる
  3. 自分が哀れな状況にあると感じる
  4. 自分が人から攻撃されてるように感じる
  5. 自分が人から圧倒され、低く見られ、急がされているように感じる
  6. 自分が孤独であると感じる
  7. 自分に価値がなく、とりえがないと感じる

東洋医学+肩甲骨整体より引用

これを見つけた時、ものすごく合点がいきました。
膏肓のツボが詰まることによって心理状態まで左右されてしまうんですね!びっくりです。

実際、私の経験ではちょうど乳がん細胞ができて大きくなったであろう時期は、身内の不幸と家族の協力が得られないというマイナスな環境がありました。
不安と孤独感が爆発していたときでした。

「あ~なるほど」といったところです。
それじゃあ、ガンができるわな、と・・・・。

乳がんを含め、あらゆる病気はストレスが呼び水になることがあります。
このような心理状態にあると、免疫細胞の働きが悪くなり、がん細胞は喜んで活発化することでしょう。

「病は気から」というのは事実かもしれません。

手術後の後遺症としての肩甲骨のコリ感

手術後に背中のコリを感じた方もいらっしゃいました。

手術後の後遺症として、肩甲骨のこり感、右腕の敏感な感覚や辛さが現在も続いている。当時、小学校の教員をしており、板書や通知表をボールペンで書いたりすると腕に響いて辛かった。掃除や体育の授業なども腕を使う作業が多く、同僚に助けてもらっていたが、以前のようにできない自分が情けなくて泣いたこともあった。

ディペックス・ジャパン 乳がんの語りより引用

結局、結論が出ていないのですが、やっぱり乳がんと肩甲骨のコリは連動している気がしています。
はっきり結論が出なくてすいません。
なにか発見がありましたら、追加で書きたいと思っています。

コリを含めて身体の不調が気になるときは、なるべく早めに医療機関に相談してみてくださいね。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

乳がん発覚前の異変肩甲骨のコリ・膏肓
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました