乳がん手術直後に腕が上がらなくて困ったこと

乳がん手術直後に腕が上がらなくて困ったこと乳がん手術

私が乳がんの乳房全摘出手術を受けたのは7年前。
その当時のことを振り返って書きます。

乳がん手術の影響で筋肉や脇の下の皮膚が縮み、腕があがりにくくなることがあります。
腕が上がらないのぬぐはとても不便です。

例えば服を脱ぐとき。Tシャツのように上からかぶる服はまず無理なので、乳がん手術後は前開きの服にしましょう。

私はうっかり着てしまってしかも背中に汗が付いていたので、脱ぐことができなくて仕方なく家族に脱がせてもらいました。

歯を磨いたり顔を洗うにも不便でしたね。
洗濯物は腕が上がらないのでもちろん干すことができません。
とにかく生活のすべてに不便を感じました。

そもそも乳がんの手術なので、たかだか身体の出っ張った部分を切除するだけです。内臓の手術に比べれば簡単なのに、身体ががちがちに凝り固まるのが不思議でした。

乳がん手術直後に腕が上がらなくて困ったこと

乳がん手術直後はなぜ腕が上がらないの?

手術で腋窩(えきか)リンパ節郭清(かくせい)をした場合、手術の影響で筋肉やわきの下の皮膚が縮むので、少しでも動かすと肩関節が突っ張ったり痛んだりします。

※リンパ節郭清とは
悪性腫瘍のリンパ行性転移に対する処置としてリンパ節を切除する外科的治療法。

リンパ液の流れが悪くなり、傷がつっぱって、腕や肩を動かさないことで、術後の後遺症として肩関節の動きの制限(拘縮(こうしゅく))が起きることがあります。

私の経験では、手術直後は腕を持ち上げる筋力がないために、腕が斜め下45度の角度にしか上がらないのです。
脇の下に太い腱のようなものがビーンと突っ張って、それで腕が上げることができないように思えました。
腕を動かせないせいか、肩こりや肩甲骨が凝って、体中が凝り固まってる状態です。

これを予防するために、腋窩リンパ節を郭清したときはリハビリテーションを行う必要があります。リハビリを続けるにつれ少しずつ改善していきます。
腕を上げることができないとなかなか焦るものです。ですが、必ずバンザイができるようになりますので心配することはありません。

乳がん手術直後から始めるリハビリテーション

この腕の上がらない状態はリハビリを真面目に続けていくとこで改善していきます。
リハビリは手術後翌日~7日前後から開始します。

腕の挙上運動

壁のぼり運動

肩関節運動

乳がん手術後のヨガ

乳がん手術後にするヨガというものを見つけました。
トークにちょっとクセがあるので好みが分れるところですが、リハビリ内容はまさにこれ!というしっくりくるものです。
腕が上がらなくて悩んでいる方は、ぜひ見てみてください。
腕が上がらないとちょっと焦りますが、この方のおっしゃるように「必ず上がるようになります」焦らずに、毎日ちょっとずつ改善していきましょう。

乳がん手術後から始めた公園散歩

身体を動かした方が、傷の治りが早い(?)かどうか知りませんが、なんとなく気分も良いので、近所の公園に散歩に行くようにしました。

自己流で適当に腕を上げたり下げたり回したりして、なるべく動かすようにしていたら、気が付いたときにはやや脇の下がつっぱるものの、ちゃんとバンザイができるようになっていました。

動かないからじっとしていたら治りは遅くなるかもしれないと、やっぱりちょっと焦ってたのかもしれません。
以前ほど一生懸命ではなくなったけれど、今も時間があれば公園散歩は行きますよ。
お日様の光を浴びてセロトニンをたくさん増やすこともできるし、散歩はほんと一番のおすすめです。

乳がん手術後から始めた公園散歩

出典:
乳房切除術後のリハビリテーション:国立がん研究センターがん情報サービス
ガイドライン | 患者さんのための乳癌診療ガイドライン 一般社団法人日本乳癌学会

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

乳がん手術乳がん手術後 腕が上がらない
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました