元乳がんの私が感じた、ある「尿のニオイ」について

元乳がんの私が感じた、ある「尿のニオイ」についてガンのニオイ

私の乳房の中にがん細胞がまだあったとき、トイレのあとの尿のニオイが気になっていました。

それは胃がんだった父のトイレのあとのニオイそっくりだったからです。

胃がんと乳がんではニオイは違いそうですが、犬ほどの嗅覚を持っていないので同じようなニオイに感じました。

どんなニオイかというとおしっこ臭いというのとも違っていて人工的なニオイ、「焦げたゴムのようなにおい」です。

焦げたゴムのようなにおい

乳がん手術とホルモン療法を終えた今、あのニオイの尿はとんとしたことがないので、あの焦げたゴムのニオイの尿はおかしかったんだと思っています。

尿の色やニオイは病気の発見に重要で、自分しか見ないものなので自分で気を付けるしかありません。

いつもと違う色やニオイがしたら要チェックです。

目安として尿のチェック一覧を載せておきますので、今現在、健康に問題ないと思っていても、たまには尿に異常がないか気を付けてみると良いですよ。

尿の色

健康的な尿の色「淡黄色」か「むぎわら色」。
尿が赤い尿の中に血液が混じった血尿の疑い。
尿路の出血や腎炎、腎盂腎炎、腎結石など。
尿の色が薄い、ほどんど無色大量に水分を摂取した場合。
糖尿病。
尿が黄褐色~褐色肝機能の異常。
高熱や脱水症のとき、急性肝炎などの肝臓の病気、胆道系の病気など。
尿がにごる排尿直後からにごりのある尿は、腎炎や膀胱炎など、泌尿器が細菌に感染している可能性あり。
オレンジ色の尿ビタミン剤などの薬の影響。

尿の量

健康的な尿の量平均的な量は大人で1日あたり0.8~1.5リットル。
おしっこの回数は1日4~6回程度
尿の量が多い糖尿病になると尿の量、回数とも増える。
腎臓の病気。
尿が少ない急性腎炎、腎臓にトラブル。
嘔吐があるときは尿量は減る。
汗をかいたあと。
尿が出ない結石や腫瘍など。
腎臓の機能がひどく低下した、危険な状態。
頻尿膀胱炎や尿道炎、前立腺炎など。

尿のニオイ

健康的な尿のニオイ健康な人のおしっこは、あまりくさくない。
強いアンモニア臭排尿したてなら尿をつくる過程のトラブル。
膀胱炎など。
果実のような甘ったるいにおい糖尿病、お酒を飲んだ後、ダイエット。

尿のチェック

ガンのニオイをかぎ分けるハエ

2014年1月、ドイツ・コンスタンツ大学からはキイロショウジョウバエががん特有の臭いを嗅ぎ分ける能力をもつと発表されました。

コバエはなんとガンのニオイをかぎ分けるというのです。

キイロショウジョウバエというのは日本でも普通にいるいわゆる「コバエ」や「ショウジョウバエ」とも言われます。
体長3mmの小さいハエ、小学校の実験でバナナで捕獲した人もいると思いますが、赤い目をした憎いやつです。

キイロショウジョウバエ
キイロショウジョウバエ

自然界では熟した果物類や樹液およびそこに生育する天然の酵母を食料としていてアルコール発酵されたものに引き寄せられます。このハエは糞便や腐敗動物質には接触しないので不潔というわけではないようです。

ガン探知犬ならぬ「ガン探知ハエ」?

なぜかガンの匂いをかぎわけられるこの「キイロショウジョウバエ」。
ガン発見にキイロショウジョウバエを利用できるじゃないか、と、まじめに考えた人がいました。

ただ、問題があって、キイロショウジョウバエが人に「ここにガンがあるよ」「この人にガンがあるよ」と教えてくれる術がないことです。

がん探知犬もガンのニオイがわかるそうですが、ハエですからわんわんと鳴くわけではありませんし。

がん探知犬は人の尿を嗅いで、がん患者の尿を嗅ぎ分ける訓練を行っています。

犬の嗅覚は人の10万倍以上ですので、尿や呼気や汗に含まれるアルカン、芳香族化合物、ベンゼン誘導体など特有の物質(揮発性有機化合物)をかぎ分ける事により腫瘍を検出するそうです。

がん探知犬

ただこのがん探知犬は、犬的にちょっと気の毒な訓練と思ってしまいます。
見ず知らずの尿を一日中嗅がせられるのかしら?

それにがん探知犬は犬の訓練が必要なことや、犬の寿命を考えれば、あまり効率的ではない気がします。

 

だとすればハエがガンを見つけることができれば、特別な訓練もいらず、次々増えてくれるであろうハエですから、日本中、いや世界中で「ガンの検診にハエを使う」という日がやってくる・・・・かな?

で、どうするかというと活動している嗅覚神経だけが光るように遺伝子を作り変えたハエを使うというのです。

バイオハザード的な話ですが、この特別なハエにニオイをかがせて、どの嗅覚神経が光るかでがん細胞を判別させるのです。

実際に実用できるのかどうかは知りませんが、将来実現できればいいですね。

嗅覚神経だけが光るように遺伝子を作り変えたハエ

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

ガンのニオイ乳がん発覚前の異変
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました