新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応

新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応新型コロナウイルスと自己免疫力

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の嵐がやまないどころか、ますます猛威を振るっています。

こんな時にがん治療をしている方々は不安を抱えておられることでしょう。
この新型コロナウイルスにおいて、解明してないことだらけですので、十分な回答が得られないものの、新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応について、ポツポツ情報が集まってきましたのでこのブログでとりあげていきたいと思います。

新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応Q&A

新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応Q&A

公益社団法人日本臨床腫瘍学会はがん治療中の患者から寄せられるであろう質問を想定した「新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応 Q&A」を公開しました。

Q1. 現在抗がん剤治療を受けています。新型コロナウイルスに関して注意することはありますか。

A1. 新型コロナウイルスで重症化する患者さんの特徴は十分解明されていませんが、がんを患っていることや抗がん剤の治療を受けていることは、肺炎など重症化のリスクである可能性があります。抗がん剤治療を受けていると、感染に対する抵抗力が低下している可能性があります。感染を防ぐことが極めて重要ですので、人混みを避け、手洗いなど一般的な衛生管理をお願いします。

Q2. 以前抗がん剤の治療を受けていましたが、新型コロナウイルスに関して注意することはありますか。

A2. 比較的近い過去(1~2年以内)がん治療経験された方は、免疫力が若干弱くなっている場合があり、新型コロナウイルスに感染や重症化のリスクがあることは否定できません。感染を防ぐことが極めて重要ですので、人混みを避け、手洗いやマスク着用など一般的な衛生管理をお願いします。

Q3. がん患者で新型コロナウイルス罹患が疑われる場合、診療で留意する点はありますか。

A3. 明らかなエビデンスはないものの、CDCのガイダンス(2020年1月30日付)では、がんの罹患は重症化リスクの一つであるとされています。免疫抑制状態もリスク因子とされているため、抗がん剤治療を受けている患者はさらに厳重な注意が必要です。新型コロナウイルス感染が確認された場合は、速やかな感染対策の上、丁寧なモニタリングを行い、必要に応じて治療の一時中止や延期を考慮する必要があります。

公益社団法人日本臨床腫瘍学会「新型コロナウイルス感染におけるがん患者への対応 Q&A」より

新型コロナウイルスを防ぐため自己免疫力を高める5つのルール
新型コロナウイルスによる肺炎がとうとう第二の局面を迎えてしまいました。自分の身は自分で守ることです。ガンなどの病気を持っている方、特に抗がん剤治療をしている方は、免疫力が通常よりそうとう下がっています。「自己免疫力」を高めることが大切です。免疫力を高めるよう、免疫力をさげなうよう、一層気を付けて対処しましょう。

新型コロナウイルス感染リスク「通院」

新型コロナウイルス感染リスク「通院」

がん患者が一番悩むのが「通院」かと思います。

今、病院に行くこと自体が感染リスクを背負い込むという不安があります。
がん治療を今現在受けている方は、次の予約の前に医療機関と連絡をして助言を受けましょう。

いくつかのがん治療は安全性を保って遅らすことができますが、延期できないがん治療もあります。

定期的な経過観察は、問題なく延期することはできないか、そして薬の受け取りだけなら家族が受け取ることができるか聞いてみてください。

新型コロナウイルス感染リスクを減らす工夫

新型コロナウイルス感染リスクを減らす工夫

新型コロナを避けるために、自分でできる工夫を見直してみました。
やはり自分の身を守るのは自分、そして家族です。
思いついたものを挙げてみました。

  • 外来待ち時間を少なくする
    外来待ち時間をなるべく少なくするために、予約時間ぎりぎりに病院に入る。(自家用車内で待機などの工夫をする)
  • 自己判断で治療は中断しない
    中断できない治療は自己判断で中断してはいけません。延期できない治療はたくさんありますので、必ず医師に相談を。
  • オンライン診療、電話での服薬指導・薬の郵送対応を検討
    非常時の対応として、オンライン・電話による診療、オンライン・電話による服薬指導が希望する患者によって活用されるようになりましたので可能なら利用する。
  • 基本的な衛生は徹底して行う
    家庭内の清掃や消毒、手洗いうがいは徹底して行いましょう。
  • 可能な限り自宅で
    リスクが高い方はより一層外出を避けて、人との接触をしないよう気を付けてください。
  • 家でもマスクやメガネ
    もし手で目や口を触るクセがあるという方なら、家でもマスクやメガネをしていると安心です。
  • 日常の買い物もなるべく避ける
    免疫力が下がっている抗がん剤治療中の方であれば、買い物は家族にしてもらうとか、ネットスーパーの利用を考えるのも一つの方法かと思います。
  • 家族も患者と同じレベルで注意を
    うっかりしそうな、家族の注意。ガンに限らず、持病がある、または年配であるなどの感染リスクの高い家族をお持ちの方は、より一層気を付けて生活してください。
免疫力が下がる化学療法中を上手に過ごす工夫
今回は化学療法中の過ごし方をお話します。いま新型コロナウイルスによる新型肺炎が猛威をふるっています。どうやら日本でも流行をさけられない状況の中、特に化学療法中の免疫力が落ちている状況の方は、健康な人よりより一層気を付けて過ごしていかなくてはいけません。

<まとめ>

今現在、治療中の方はもちろん、治療は終わっているけれど、回復段階の方も注意してほしいと思います。
抗がん剤は全クール終わっても、完全に回復するのにはある程度の時間がかかります。

そういえば、私のときは抗がん剤治療が終わっても免疫力が落ちているので霰粒腫(ものもらい)になったり、なんやかんやと細かい病気をしました。

新型コロナはもちろんですが、どんな病気も今はしたくないですよね。
病院に行く機会をなるべく作らないように、小さな病気にも気を付けて用心して過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました