災害時にがん治療中の場合の注意点

災害時にがん治療中の場合の注意点がんに負けないために

台風の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申しあげます。
台風は過ぎましたが、地盤が緩んでいるうえにまた新たな雨が降る予報です。
まだまだ油断できない状況が続きます。

日本は災害大国で、台風に限らずいつ地震や火災などの災難が襲ってくるかわかりません。

そんなときにがん治療中だったらどうしたら良いのでしょう。
またがん患者を抱える家族としてどう対処して良いのでしょうか。

災害時にがん治療中だった場合の注意点や対処法などを書きたいと思います。

災害時にがん治療中の場合の注意点

がん治療中、災害が起こる前の注意

がん治療中に欠かせないもの、それはです。もし薬を持ち出せなくても、「おくすり手帳」があればその時に自分に必要な薬のデータがわかります。
携帯電話に薬の写真や処方箋を保存しておいたり、二重に記録しておくと安心です。
また、必要な薬は常に手元にあるよう、日ごろから少し多めに出してもらうようにしましょう。

用意した方が良いもの

地震などいつ来るかわからないものに備え、これらのものはバラバラにせず、手近にまとめてバッグに入れてれておくと、いざというときに探さずにすぐに持ち出せます。

  • お薬手帳(防災型のお薬手帳もあります)
  • 病名のメモ
  • 抗がん剤を受けた日のメモ
  • 血液検査結果のメモ
  • 治療経過のメモ
  • 医療機関のメモ
  • 連絡先のメモ
  • 保険証

おくすり手帳

周囲の人の協力

これから災害が起きそうなことが予測される場合は、市町村や保健所など公的機関に情報提供をしておきましょう。

抗がん剤で身体が思うように動けない場合は、周囲の人の助けを求めましょう。場合によっては一時的に親戚や知人宅に避難することも考えられます。

がん治療中、災害時の注意

災害時は、自宅待機と避難所に移動した場合とが考えられます。

自宅待機の注意点

自宅にいることが知られていないと取り残される心配があります。
自宅待機であっても、避難所の責任者や医療従事者、健康・衛生管理の担当に伝えておくようにしましょう。
様々なサポートを受けやすくなるので、一言伝えておくと良いです。

避難所の注意点

自分の病名、病状や治療内容を避難所の責任者や医療従事者、健康・衛生管理の担当に必ず伝えます。また、避難所は閉鎖空間のため風邪やインフルエンザなどの空気感染も予想されますので、感染しないよう気を付けましょう。

がん治療中、災害が終わってからの注意

がん治療中は通常時と違って抵抗力が弱くなっていたり、体調面での心配もあります。

瓦礫の撤去や、ヘドロ除去、清掃などはしてはいけません。
健常者と同じような行動はできないものと思って、自信の体調維持を優先しましょう。

がん治療中、災害が終わってからの注意

感染症にならないように

避難所では感染予防を心がけましょう。
マスクは着用し、うがいや手洗い、口内炎予防に歯磨きはできればしたいものですが、なければ布やティッシュでふき取るだけでもしたいものです。

脱水や血栓予防

エコノミークラス症候群(静脈血栓症特に肺血栓塞栓症)は生命に危機が及ぶことがあるので予防が重要です。

できるだけ十分な水分を摂りましょう。避難所はトイレに行きにくい環境が多かったりするので、トイレの回数を減らすケースがあるのですが、脱水や便秘になりやすいので水分は摂るようにしましょう。

がんがあると血栓症になりやすいので、血栓症にならないように、足が動くようなストレッチや軽い運動を小まめにするようにしましょう。

ふくらはぎのマッサージや3〜5分ほど歩くのも効果があります。

ふくらはぎや、膝の裏、腿の周辺が痛くなったり、赤く腫れたりした際には、すぐに医療機関で受診してください。

すぐに受診した方が良い場合

  • 38℃の発熱が1時間以上続く
  • 発熱とともに寒気や汗出る
  • 傷口、手術痕、カテーテルなどの挿入部分、皮膚や性器や肛門周囲の炎症
  • 下痢や嘔吐
  • 今までなかった痛み
  • 排尿時の痛みや血尿、尿の異常
  • 激しい頭痛、首のこわばり、意識があいまいになる
  • 副鼻腔・喉などの痛み、口内炎、咳
抗がん剤の治療中断について
抗がん剤の治療の中断はたいていのがんの場合、1~2週間程度遅れても、病状が進行することはありません。
ただし白血病など血液に関係した腫瘍、胚細胞腫瘍、その他の特殊な腫瘍では、治療を継続して行う必要があります。飲み薬の抗がん剤は、手元に薬があって服用方法が分かっている場合は、体調が普段と変わりなければ服用を続けましょう。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

がんに負けないために災害時にがん治療中の場合
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました