自分でできる血液検査チェックキット「女性のための健康チェッカー」

自分でできる血液検査チェックキットしこり

興味深いものの情報が入りました。

「こんなの知ってる?」

情報元は近所の井戸端会議仲間の奥様。

そもそも彼女はお店をやっていて平日は忙しく、健康診断にいく時間が作れないのだそうです。

それでいながら最近、不健康な生活が気になってきたのかあるものをネットで購入したのだとか。

 

女性のための健康チェッカー

彼女が手にしていたのは「女性のための健康チェッカー」。

私の乳がんの話を聞いて、自分も不安になったのか
自己触診による乳がんチェックと、生活習慣病+糖尿病をチェックできるタイプのを購入したのだとか。

 

自分でできる血液検査チェックキット

 

ふむふむ、内容確認・・・

梱包内容

梱包内容は「乳がんの自己検診用の特殊グローブ」「血液検査セット」「問診表」が入っています。

 

女性のための健康チェッカー 検査方法は・・・

指先を針で刺し、容器に血液を採取し、その場で血液を血漿分離させます。

  1. 【血液採取】
    指先を針で刺し、容器に血液を採取し、その場で血液を血漿分離させます。
  2. 【乳房触診】
    髪の毛ほどの異物も指先で感じ取ることができる特殊グローブで乳房を触診。
    このグローブは使い捨てではないので何回も使えます。
  3. 採取した血液を検査センターに郵送(送料無料)。
  4. 検査センターで分析をします。
  5. その後検査結果はメールで速報されます。
  6. その後、アドバイスとコメントが付いた検査結果シートが郵送されます。

 

相談無料でドクターコールセンターに検査結果の相談できる

無料で相談できる

これの良い点は、相談無料でドクターコールセンターに検査結果の相談できるアフターフォローも付いているところ。

ただ検査結果を教えてくれるだけではなく、万が一心配な結果になったときに相談してもらえる体制なのは心強いですよね。

 

病院の血液検査内容と同じだった

ちなみにこの血液検査の内容は、乳がんの私が定期的にしている血液検査とまったく同じです。

 

  • 栄養状態検査:総タンパク(TP),アルブミン(Alb)
  • 肝機能検査:GOT(AST),GPT(ALT),γ-GTP
  • 脂質検査:総コレステロール(TC),HDL-コレステロール(HDL-C),中性脂肪(TG)
  • 腎機能検査:尿素窒素(BUN),クレアチニン(CRNN)
  • 痛風検査:尿酸(UA)
  • 糖検査:血糖(Glu),ヘモグロビンA1c(HbA1c)

健康人ネット

 

腫瘍マーカーのCEAはない

ただし、腫瘍マーカーのCEAは検査内容にありませんでした。

正直なところ、この血液検査で乳がんの有無を調べられるかというとそれは疑問です。

あくまでも血液検査は「生活習慣病」と「糖尿病」の検査ということみたい。

乳がんの方は特殊グローブで触診するという意味でしょうね。

結果報告も早く届く

レビューを読むと、検査は迅速に行われ、結果報告も早く2~3日でメールで、検査結果シートも1週間で郵送されると評判はなかなかでしたよ。

 

自分でできる「女性のための健康チェッカー」

商品レビューを調べると、これをきっかけに健康を気にするようになる人が大半でした。

 

自分で好きな時にできる検査サービス「女性のための健康チェッカー」

 

忙しい方におすすめ

忙しくて病院に行けなかったり、健康診断をできない方には、とりあえず健康チェックしたい方に、すぐできるこのキットは便利ではないでしょうか。

 
健康人ネット

近所の奥様の結果は・・・

ちなみに近所の奥様、さっそく試してみた結果、乳がんの心配もなく、血液検査はちょっぴり中性脂肪が高めでしたが、あとはなんとか大丈夫だったそうで、喜んでいましたよ。

 

自分で好きな時にできる検査サービス「女性のための健康チェッカー」。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

出典:http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g2/q08/

※写真はイメージです

【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

しこりセルフチェック乳がん
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました