食べ物の色と健康リスクの話

食べ物の色と健康リスクの話がんに負けないために

新型コロナで先送りにしてきた一年に一度の定期検査ですが、先日やっと重い腰を上げて行ってきました。今年も血液検査の数値もマンモグラフィーもエコーも何事もなく、無事めでたしめでたしでした。

診察というか検査結果を聞くだけでしたので時間があまり、そのときにちょっと話題になったことがありました。

それは食物の色の話。

「乳製品が乳がんに良くないって言うのは、結局のところどうなんですか?」と、それとなく聞いてみました。なんとなく引っかかっていたので。

先生の返答は
「ああ、乳製品は乳がんに良くないって聞くけど、別に関係ないよ。まあ、白い色の食べ物が健康のために良くないと言うからね。」

「白色の食べ物」は健康に悪い

「白色の食べ物」は健康に悪い

白い色の食べ物とは、砂糖、生成した小麦粉、白米、牛乳、生クリームなどです。

不思議と白い色の食べ物は身体のために良くないものが多いのです。

白い色の食べ物の件は私も知っていたので、知ったかぶりの顔をしていたのですが、次の先生の一言が意外でした。

「ジャガイモも健康によくないと言われてるね。」

え!?ジャガイモ?ジャガイモは確かに白いけれど、その身体に悪いグループに入れるんだ!知りませんでした。

確かに、ポテトチップスやフライドポテトは良くないのはわかってますが、あれは揚げ油の問題で健康に良くないのだと思っていました。ジャガイモ自体も良くないとはねえ。

ジャガイモも健康によくない

だってジャガイモといえば、加熱しても壊れないビタミンCが含まれているので、健康に良いと思い込んでいたので意外でした。

調べてみると、ジャガイモを普段から食べる量が多い人は、少ない人より糖尿病になりやすいのだそうです。
ジャガイモ料理を食べる頻度が週に2~4回の人は、週に1回未満の人に比べ、糖尿病の発症リスクが7%高くなるといわれています。

ジャガイモは糖質が多いだけでなく、GI値(グリセミック・インデックス)が非常に高い~。数値が高いほど血糖値が上がりやすくなります。

びっくりなのは、じゃがいもはドーナッツよりもこの数値が高く、どら焼き並みに高いのです。

つまりじゃがいもは血糖値を上昇させるスピードを上げてしまうので、糖尿病や糖尿病予備群の人は気を付けて食べた方が良いということらしいです。

美味しいけれど「じゃがバター」は、白いバターとジャガイモのダブルコンビ。牛乳+バター+ジャガイモのホワイトシチューも、たまに食べるくらいがちょうど良いということになりますかね。

じゃがいものことで関心していると、先生から次の一言が。

「赤肉」は健康に悪い

赤肉

「あと、赤肉も身体に良くないって言うね。」

赤い肉? だって肉って赤いものでしょ?
赤くない肉って言ったら、脂身? いやいや、そうではありませんでした。

赤肉とは

この場合の「赤肉」とは、牛・豚・羊などの肉のことを指します。

そしてソーセージ・ベーコン・コンビーフなどの加工肉も身体に悪いと言われています。

赤肉・加工肉摂取量と大腸がん罹患リスクを 検討した研究の結果が発表され、赤肉、加工肉の摂取は大腸がんのリスクを上げることが「確実」になっています。

けれど、いくら身体に良くないといっても、「絶対に食べないで!」というものではなく、「たくさんたべないで」というものなのだそうです。

よかった。

白肉とは

白肉

一方「白い肉」とは、脂身ではなく、鶏肉、魚肉(赤身・白身を問わず)のことを指します。

(白い食べ物は身体に良くないといっても、白い肉は良いんですよね? ややこしい)

近頃はカロリーの低い「鶏むね肉」が人気で、とうとう豚こま肉の売り上げを抜くほどだそうです。

我が家でも鶏むね肉は良く買います。低カロリー高たんぱくなのもありますが、お値段もお財布に優しくて良いですよね!

油の多い魚が効果的

白い肉に含まれる魚。

日本人の場合は、魚離れになってきたとはいえ、まだまだ魚介類を赤い肉とほぼ同じ量食べています。したがって、健康リスクも他の国のデータよりは良い結果になっています。

魚介類には、良質の動物性タンパク質が含まれる一方で低カロリー。ビタミンや必須ミネラルなどの栄養素も豊富で、オメガ3系不飽和脂肪酸(DHA:ドコサヘキサエン酸、EPA:エイコサペンタエン酸)などの機能性成分も含まれています。

魚をたくさん食べる人ほど心筋梗塞になりにくいとの研究結果もあります。

特に油の多い魚が効果的なのだそうです。

油の多い魚といえば「サンマ」ですよね!
ただ今年の秋は、不漁なようで残念です。

あとは鰯やアジなど青魚も油がいっぱいですね。

「黒色の食べ物」は健康に良い

黒色の食べ物

そして、健康に良いものとしては「黒い食べ物」が該当します。

黒ゴマ、コンニャク、椎茸、きくらげ、のり、わかめ、ひじき、黒豆、玄米、蕎麦、黒酢などなど。

黒い食材に含まれる色素には、アントシアニン、ルチンなどのポリフェノールや栄養素が豊富に含まれています。それぞれ身体を温めたり、造血作用を促進したりする働きがあります。

黒い食材には他にも、抗酸化作用や血圧抑制、内臓脂肪を減らす等、さまざまな健康効果が期待できるものが含まれています。

本当に不思議ですが、黒い食べ物は身体に良いものが多いのです。

和食はこの黒いものを使う料理が多いので、和食の献立にするとわりと楽に摂取することができますね。

「赤色の食べ物」で免疫力をアップ

赤色の食べ物

赤い食べ物はどうでしょう?

前述の通り、赤い肉は身体に良くないですが、野菜や果物の「赤」は免疫力をアップさせるのに役立ちます。

赤色の食べ物は多くが天然の鉄分を豊富に含むほか、たんぱく質や良質のビタミン、ミネラル、フィトケミカルを多く含み、健康維持、免疫力アップ、酸化防止、抗菌などの効果があり、身体の耐寒能力を高めるのに役立つとされるんです。

赤い食べ物は、トマト、にんじん、サツマイモ、唐辛子、ナツメ、ザクロなど。

「緑色の食べ物」は?

緑色の食べ物

緑色の食べ物と言えば野菜です。

緑色野菜は血液に酸素を送り血の流れを助けてくれます。

緑色の色素成分の含まれる野菜は、抗酸化作用や貧血予防や消臭・殺菌効果が期待できます。

血液の流れを助ける働きがある緑色野菜を摂ることで透明感のある健康的な肌を作ることができます。

貧血予防など血液の働きを手助けしてくれるのでキレイな身体を作る為にはかかせません。

まとめ

昔から栄養素をバランスよく摂取するために、色とりどりに揃えれば、自然にバランスが良くなると言われてきました。

その通り、色のバランスというのは栄養のバランスと直結するのですよ。

白は少な目に心がけ、毎日かしこくいろんな食べ物を頂きたいと思っています。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

タイトルとURLをコピーしました