乳がん手術後のリンパ浮腫、私が生活で気を付けていること

乳がん手術後のリンパ浮腫、私が生活で気を付けていることリンパ浮腫予防

こんにちは。
乳がん手術でリンパ節を郭清するとリンパ浮腫になる確率が高くなります。

私は乳がん手術後5年でリンパ浮腫を発症、その後、だいたい3年ほど、リンパ浮腫と付き合いながら生活しています。

 

私は乳がん手術をしたばかり。リンパ節にはまだなってないけれど、今から気を付けたいのよね。

リンパ浮腫は、ちょっとのきっかけで発症してしまうことがあるんだけ、生活の中で気を付けてなるべく発症させないことが大切なの。

リンパ浮腫は予防することが大切だって聞いたんだけど、いったい何に気を付けて生活したらいいのかしら。

生活の中でリンパ浮腫に気を付けることはたくさんあるので、これからそれを説明しますね!参考にしてみてください。

はい!よろしくお願いします。

生活の中で出来るリンパ浮腫予防

腕を下げない

まず気を付けてることで一番重要なことは「腕を下げない」ということ。
とにかくこれを頭に入れて生活しています。

座っているときにも、歩くときも、なるべく腕をへその下にはだらんと下げないことを意識してます。

腕を下げた状態で振り子のように振れらないように、浮腫む方の腕は軽く曲げて歩いています。

眠るときは、腕の下にタオルケットを置いてやや高めにしています。まあ、そのうち適当な寝相になっているので朝まで同じ姿勢ということはありませんが。

うつ伏せ寝や浮腫の可能性がある方を下にするような寝方は絶対にしません。間違えてそんな寝方をすると、次の日の朝には手腕がパンパンになってしまいますので。

パソコンをするときは、腕を下げやすいものなので、きー腕を下げないように、キーボードやマウスの位置を高くするような工夫をしてみてください。私は本を積んで高くしています。

生活の中で出来るリンパ浮腫予防

手や腕を傷つけない

浮腫の可能性のある手や腕はどんな小さな傷でもつけないように注意しましょう。

注射もご法度です。健常の方の腕にしましょう。

潤いをキープする

深爪・ササクレは注意しましょう。

例えあかぎれやササクレのようなものでもそこから黴菌が入れば大事になりますので、日頃からクリームなどを塗って保湿しておきましょう。

ハンドクリームでも良いですが、どうせクリームを使うならリンパ浮腫用のマッサージクリームもありますので、お使いになってみてはいかがでしょうか。

リンパ浮腫 深爪・ササクレは注意しましょう。

火傷に注意

家事をしていると案外、手というのは火傷をしやすいものです。
先日、湧きたての味噌汁を手にどばーっとかけてしまって大慌てしてしまいました。もちろん火傷もだめです。幸い3時間冷やし続けて大事には至りませんでしたが、水膨れになったら面倒なことになってしまいます。

ひどくなりそうであれば、早めに皮膚科に行ってください。

最悪の場合は蜂窩織炎です。
蜂窩織炎とは皮下組織で細菌が増殖して起こる急性感染症です。

症状は発熱や倦怠感、感染を起こしている皮膚の赤みや痛み、熱感などがあります。 放置しておくと感染が広がり重症化することがあるため注意が必要です。

太らない

リンパ浮腫を予防するのには、太らないことが大切です。
発症してしまった人で、痩せたら浮腫が良くなったという人がいるくらい、理想体型の維持というのは大切です。

「太らない」、太ってる方は「痩せる」というのはリンパ浮腫には必要なことだそうです。私的には耳が痛いのですが…

太らない ダイエット リンパ浮腫

土いじりは手袋を2重に

土というのは怖い菌が入っていたりするので、浮腫とは限らず必ずビニール手袋をして触るように。

私も家庭菜園は趣味ですが、万が一破れたりしても大丈夫なように、ビニール手袋は2重にしています。

重いものはなるべく持たない

短時間ちょっと持つ分ならそれほどでもありませんが、重いものは持たないように気を付けています。とはいえたくさん買い物をしてしまったときに、荷物を持たなくてはいけないことはあります。

そんなときは手を下にしないように肩の上で持ったり、頻繁に持ち替えたりして工夫しています。

スーパーに買い出しに行くときはショッピングカートは必須ですね。これがあると心強いです。

リンパ浮腫 重いものを持たない

同じ動作をしない

編み物や縫物というのは同じ動作をしがちなので注意です。私は編み物や縫物はたまにするだけですが、すると必ず腕がパンパンになります。

編み物や縫物は注意です。するときはたまに腕を伸ばしたりストレッチをしながらしてくださいね。

リンパ浮腫になってしまったら

注意してもリンパ浮腫を発症してしまうことはあります。それに気が付かずに進行していたなんてことも。

リンパ浮腫を発症した場合は、リンパドレナージュ(リンパマッサージ)と圧迫療法があります。

圧迫した状態を持続する

基本、日中うは圧迫グローブと圧迫スリーブを常に着けています。これなしではだるくなり浮腫みます。

私は夜は圧迫包帯をして寝て、朝起きたら包帯をほどきます。圧迫包帯は巻くのに面倒ではありますが、圧迫された良い状態を作りますのでかなり気持ちの良いものです。

巻き方は必ず病院で指導してもらうことが大切です。リンパ浮腫専門の病院は多くはありませんが、探してみてください。

リンパ浮腫の主治医を持つことは万が一蜂窩織炎になった時も安心ですし、リンパ管静脈吻合術※という外科的治療も受けられます。

※リンパ管と静脈のバイパスをつくり、貯まったリンパ液を静脈に流すというものです。

夏は暑いので圧迫包帯はしないで、手だけ圧迫グローブを着けています。

亜圧迫スリーブ(左)と圧迫グローブ(右)

リンパ浮腫外来に行ってきた話:弾性包帯圧迫包帯

リンパドレナージュ(リンパマッサージ)

リンパドレナージュをするときは、オイルやマッサージクリームを使用します。私のおすすめはこれ!『ルピエライン』クリームです。

 

 

【関連ページ】
私がリンパ浮腫を発症してしまったきっかけ
セルフドレナージ(ルピエラインの口コミ)ってどうしてますか?

 

 

ひばり
ひばり

是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

タイトルとURLをコピーしました