セカンドオピニオンを活用しよう

セカンドオピニオンを活用しようセカンドオピニオン

がんのように大きな病気だと、特に医師から丁寧な説明をしてもらっても簡単に治療を進めれれない方もおられるかもしれません。

納得して治療を進めるには、別の専門医にも意見を求める「セカンドオピニオン」をお勧めいたします。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンは英語で「第二の意見」です。
第一は主治医のよる意見、第二が主治医以外による意見ということで「セカンドオピニオン」ということになります。

セカンドオピニオンとは

医師に対する無礼と思わなくて良い

どうしても「主治医に悪い」と気にしてセカンドオピニオンを躊躇する傾向がありますが、そんなことはありません。

セカンドオピニオンは他の病院に移るためのものでもなく、主治医を変えるための方法ではなく、あくまでも「最良の治療法を受けるためのもの」です。

もし、自分や家族から担当医に言い出しにくい場合は、がん相談支援センターや、担当医以外の医療スタッフ(看護師や受け付けスタッフなど)に相談することもできます。

内緒で受けてはいけない

中には主治医に申し訳ないと気にして、黙ってセカンドオピニオンを受ける人もいますが、これはよくありません。

キチンと「セカンドオピニオンを受けたい」と申し出てから受けることが大切です。

医師はセカンドオピニオンに理解があるので、一つ返事で了解してくれるはずですし、医師の方からセカンドオピニオンの病院を紹介してくれることもあります。

しなくても良いししても良い

セカンドオピニオンは必ずしなければいけないというものではありません。

主治医による説明で納得できたのであれば、必ずしもセカンドオピニオンを受ける必要はありません。
ちなみに、私はセカンドオピニオンは受けませんでした。

検査結果や診断に疑問があったり、納得できない場合や医師が提案した手術や治療方針に疑問がある場合は、他の医師の意見を聞いてみるのも良いということです。

ドクターショッピングは無意味
セカンドオピニオンは自分の気に入った見立てをしてくれる医師を探すことではありません。自分が気にいるまで病院から病院へ渡り歩くことを「ドクターショッピング」と言いますが無意味です。主治医とセカンドオピニオンの意見が同じような内容であれば、その治療を受け入れて治療に入りましょう。

セカンドオピニオンの流れ

セカンドオピニオンの流れ

1.主治医にセカンドオピニオンをすることを伝える。

主治医の意見(ファーストオピニオン)を聞き、よく理解する。
診断についてどのような検査を行ったのか、どのような検査結果に基づき、どのような治療法を提示しているのかなど。
そのうえでセカンドオピニオンをすることを伝えます。

(例:治療についてであれば、診断名、病状、進行度、推奨される治療法とその理由など)

自分の気持ちを整理するために、文章に書き出してみるといいですよ。

以下は例です。

  1. セカンドオピニオンをなぜ聞きたいのか
  2. 疑問に思うことは何か
  3. どんな不安があるのか

しっかりと話し合うことで、結果的に迷いや懸念が解消し、担当医との信頼関係が深まったり、しっかりと話し合うことで、結果的に迷いや懸念が解消し、担当医との信頼関係が深まったり、セカンドオピニオンを聞かないという選択に至ったりすることもあります。を聞かないという選択に至ったりすることもあります。

また、病気の性質によっては早急に治療を開始した方が良い場合もあります。

2.セカンドオピニオンを受ける病院を決める

インターネット、患者団体、周りの人から聞いたりいろいろです。また、主治医が病院を紹介してくれることもあります。

3.主治医に紹介状などを書いてもらう

現在の主治医にセカンドオピニオンを受ける病院のことを伝え、紹介状などを書いてもらう。
セカンドオピニオンに必要な資料はセカンドオピニオンを求める病院によって異なります。

  • 紹介状(診療情報提供書)
    • 主治医による「所見」や「経過情報」が記載された書類です。
  • 検査結果書(診断情報)
    • 血液検査やレントゲンやCTなどの検査結果で、主治医による「診断情報」を確認するための書類です。

4.セカンドオピニオンを聞く

セカンドオピニオンを求めた理由を伝える。限られた時間を無駄にしないよう、事前に質問事項をメモしておくことをお勧めいたします。

5.元の主治医に報告する

セカンドオピニオンの内容を主治医と一緒に検討し、自分の希望を主治医に伝える。自分の納得した治療方針を決めます。

セカンドオピニオンで心がけたいこと

セカンドオピニオンの結果が出たあとは、主治医伝えるため再受診します。セカンドオピニオンで主治医と同じ診断や治療方針を提示されたとしても、別角度から確認できたということで無駄ではありません。

セカンドオピニオンで心がけたいこと

いつ受けるか

早い時期にセカンドオピニオンをいくつも聞きまわっても、治療の選択ができなければ、治療を先延ばしにしてしまうことになります。現在の担当医の意見をよく理解し、治療の選択をいつまでにした方がよいのか、確認しておきましょう。

病院を変える選択肢

他の病院でなければ納得のいく治療が得られないらならば病院を移るするという選択肢もあります。

誰かにに同行してもらう

できればひとりではなく、信頼できる人に同行してもらいましょう。そうすることで、よりリラックスしてセカンドオピニオンにのぞむことができ、また自分でうまく説明や質問ができない場合には、代わりに説明や質問をしてもらうことができます。

セカンドオピニオンの病院はどう探す?

セカンドオピニオンを依頼する場合には、依頼する病院や医師も自分で探さなければなりません。
主治医に紹介してもらったり、同じ病院の別の診療科に依頼するなどありますが、多くの場合は自分自身で調べて探すことになります。

セカンドオピニオン外来のある病院を探します。がん診療連携拠点病院では、セカンドオピニオンに対する体制が整えられており、必要に応じて地域で連携している医療機関についても紹介しています。

どこで受けるか迷う場合には、がん診療連携拠点病院などに設置されている「がん相談支援センター」で相談することができます。がん相談支援センターでは、お住まいの地域でセカンドオピニオンを聞くことのできる病院や、各病院の専門領域などに関する情報が得られます。

セカンドオピニオンの病院はどう探す?

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオン外来は、基本的に公的医療保険が適用されない自由診療(自費診療)となります。費用は病院によって異なりますので、病院を探す際には、費用についても併せて確認しましょう。

セカンドオピニオンは、病院での扱いとしては「診察」や「治療」にあたるわけではないため、実際には「相談」と解釈されており、医療行為とされていません。
したがって「保険適用」されておらず「全額自己負担」となっているのです。

セカンドオピニオン外来設置病院での基本料金は、30分10,000〜10,500円(25.4%)が最も多く、次いで60分10,000〜10,500円(16.2%)、30分5,000〜5,250円(11.6%)となっているそうです。

セカンドオピニオンまとめ

セカンドオピニオンを受ける際の注意をお話しました。限りがあるチャンスのですので、聞きたいことは漏れなくしっかりと聞けるよう、事前にチェックして望みましょう。

周囲に振り回されることなく自分の考えを持ち、ぜひ納得のいく治療を選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました