タモキシフェン

タモキシフェン

乳がんのホルモン療法(タモキシフェン)を5年間続けて

乳がんには、がん細胞の増殖にエストロゲン(女性ホルモン)を必要とするものがあり、乳がん全体の 6~7 割を占めています。このようなエストロゲンで増殖するタイプの乳がんに対してはエストロゲンの働きを抑える「ホルモン療法(内分泌療法)」の効果が...
タモキシフェン

ホルモン療法のダイエット:チラコイドダイエット

乳がんのホルモン療法は太りやすい。太れば乳がんリスクが増えてしまうためにダイエットは必須です。女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑制する薬は、体重が増加しますが、体重が増加すると脂肪細胞の中でエストロゲンが生産されるために、乳がんの発生を促進してしまうと言われています。リバウンドを防いで満腹ホルモンを満たすおすすめの「チラコイドダイエット」をご紹介いたします。
タイトルとURLをコピーしました