ホルモン療法

ホルモン療法

乳がんのホルモン療法後の萎縮性膣炎(老人性膣炎)と性交痛

ホルモン依存タイプ乳がんの「ホルモン療法」というのは、女性ホルモンの分泌を抑える薬を5年間飲むというもので(人によって注射も)、副作用として更年期障害と同じものが出ます。 ほてり(ホットフラッシュ」)だったり、めまい、頭痛、冷え、鬱、...
タモキシフェン

ホルモン療法のダイエット:チラコイドダイエット

乳がんのホルモン療法は太りやすい。太れば乳がんリスクが増えてしまうためにダイエットは必須です。女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑制する薬は、体重が増加しますが、体重が増加すると脂肪細胞の中でエストロゲンが生産されるために、乳がんの発生を促進してしまうと言われています。リバウンドを防いで満腹ホルモンを満たすおすすめの「チラコイドダイエット」をご紹介いたします。
タモキシフェン

乳がんのホルモン療法(タモキシフェン)を5年間続けて

私の乳がんはルミナルBタイプ、ホルモン受容体陽性乳がんの典型的なタイプ。閉経前だったので、タモキシフェンという女性ホルモンのエストロゲンを抑える薬を5年間飲み続ける治療を受けました。今回はそのタモキシフェンのリスクや副作用についてお話いたします。
乳がんと乳製品

乳がんと乳製品の関係

エストロゲン(女性ホルモン)が乳がん細胞を増やしてしまうので、乳がんを避けるために乳製品は摂らないようにしてる人も多かったのではないでしょうか。 けれどもこの頃では乳製品の乳がんリスクは必ずしも関係があるわけではないのではないかと言われ始めています。
ホルモン療法中のイソフラボン

ホルモン療法中にイソフラボンは摂るべきか摂らざるべきか

ホルモン療法の副作用対策としてイソフラボンを摂るべきか摂らざるべきか。ホルモン受容体陽性の乳がんのがん細胞の増殖をくいとめるために、エストロゲン(女性ホルモン)をコントロールして抑える治療をします。その治療により、ホットフラッシュ・冷え性・頭痛・骨粗しょう症などまるで更年期障害と同じような症状が出たりすることがあります。更年期障害と同じような症状なら、イソフラボンを摂れば症状が緩和できるのではないか?
ホルモン療法

ホルモン依存型の乳がんのホルモン療法

乳がんのタイプは、乳がん細胞の好みで分類されます。女性ホルモンが好きなタイプ、そうではないタイプとありますが、乳がんの人の60~70%の人が女性ホルモンが好きなタイプ、ホルモン依存型の乳がんです。これを「ホルモン受容体陽性」の乳がんと言ったりします。私もホルモン依存型の乳がんですので、ホルモン療法を受けることになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました