乳がん手術

乳がん手術

世界で初めて全身麻酔で乳がん切除手術をした華岡青洲

世界で初めて全身麻酔で乳がん切除手術をしたのは、日本人の医師でした。時代は江戸時代、文化元年(1804年)、欧米に先立つこと40年、世界で初めての快挙でした。華岡青洲が開発した麻酔方法は、曼陀羅華、別名チョウセンアサガオなど数種類の薬草を配合した麻酔薬「通仙散」。
乳がん手術

乳がん手術直後に腕が上がらなくて困ったこと

私が乳がんの乳房全摘出手術を受けたのは7年前。 その当時のことを振り返って書きます。 乳がん手術の影響で筋肉や脇の下の皮膚が縮み、腕があがりにくくなることがあります。 腕が上がらないのぬぐはとても不便です。 例えば服を脱ぐと...
乳がん手術

乳がん手術後の合併症について

私は乳がんの全摘手術(腋窩リンパ節郭清)をしましたが、手術そのものよりも手術後の合併症が困りました。私が困ったのは手術痕にリンパ液がパンパンに溜まったこと、腕の動きが制限されたこと、背中が凝ってロボットのような動きになってしまったり、他にも二の腕のしびれや浮腫みもありました。
乳がん手術

がんのない乳房の予防切除の保険適用検討について

がんのな乳房を予防的処置として切除する「乳房の予防切除」の保険適用が話題です。がんのない乳房を切除すると、切除しなかった人と比べて死亡リスクを半減させることが海外の複数の研究からわかっています。今回は、「乳房の予防切除」とはどういう手術なのか、また皆がそれについてどんな反応をしているのかを調べてみました。
全摘手術

私が乳がん全摘手術にした理由

乳がんのしこりが小さく乳房温存術で大丈夫だろうと言われていた私が全摘手術を決心した理由をお話します。乳房をできるだけ残す乳房温存術と乳房を取り去る乳房切除術(全摘術)の違いなど、基本的な説明を含めてご説明いたします。
乳がん手術

乳がん入院と乳がん手術体験記

生まれて初めての入院、ちょっとした旅行気分の「乳がん手術の体験記」。乳房切除術(全摘術)といって、乳房を全部切り取る手術と、術後の後遺症の話など。
タイトルとURLをコピーしました