手足症候群

手足のしびれと感覚の麻痺

手足症候群:抗がん剤による手足のしびれと感覚の麻痺

乳がんの抗がん剤のドセタキセルという薬は抹消障害を引き起こしやすいと言われています。手足がのしびれと、物に触った感覚が鈍くなることも「手足症候群」の代表的な症状のひとつです。今回は化学療法中の手足のしびれと感覚の麻痺について書きていきたいと思います。
手足症候群

抗がん剤の副作用「手足症候群」爪の変化

抗がん剤投与により爪の成長が阻害されるので、爪が黒くなったり抗がん剤のクールごとに爪に横シマが入ります。抗がん剤は4クールやりましたので、私の場合は4本の線が付きました。線といってますが、正しくは「溝」で、凸凹してます。黒くなった爪をみると「毒を盛られた感」があります。
手足症候群

抗がん剤の副作用「手足症候群」皮膚の焼けるような痛みと水泡

TC療法という乳がんの化学療法中の副作用で「手足症候群」に辛い思いをしましたので、そのことを思い出して書き記します。 抗がん剤の副作用はいろいろありますが、中でも私が一番つらかった「手足症候群」の皮膚の症状について書きます。 前...
手足症候群

乳がんの抗がん剤による「手足症候群」について

乳がんの化学療法中の副作用については回に分けて書きましたが、ちょっとざっくりすぎたので、副作用それぞれに絞っても詳しく書いていこうと思います。 何クールにこういう症状が出たよ、と、いうのはこちらをお読みいただければと思います。 乳が...
化学療法・抗がん剤

乳がんの化学療法3クール目:副作用で手足が大変なことに!

化学療法2クール目のつづき、今回は化学療法2回目のことを書きます。 化学療法1クール目はこちら 化学療法3回目も副作用は2クール目とだいたい同じなのですが、より強い副作用となって現れました。 私が受けたのはTC療法なのですが、...
タイトルとURLをコピーしました