リンパ浮腫外来に行ってきた話:その1

リンパ浮腫外来に行ってきた話:その1リンパ浮腫

私がリンパ浮腫を発症してしまったのは、乳がんの手術から5年も経った2017年12月のことです。
詳しくは過去の記事に書きましたので、良かったら読んでみてください。

リンパ浮腫の基礎知識:私がリンパ浮腫を発症してしまったきっかけ
乳がんの手術で脇の下のリンパ節(腋窩リンパ節)を切除した人はリンパ浮腫になりやすいので注意しなくてはなりません。私も乳がんの手術をきっかけにこのリンパ浮腫を発症してしまった一人です。今回はこの「リンパ浮腫」についてお話したいと思います。

今回はその後のこと、リンパ浮腫外来ある病院に行った話を書こうと思います。

私は乳がんを治療してくれた大学病院でリンパ浮腫の指導を受けていましたが、専門医というわけではなかったので、弾性着衣の弾性スリーブと弾性グローブに満足がいかず、それどころか着けた方が悪化してた状態でした。

下の写真は実際に私が使っていた弾性スリーブとミトンです。

①が初回、②が2回目に購入したものですが、それぞれ満足がいくものではありませんでした。
メーカー名は伏せますが、絶望的にダメな点は圧が緩かった点。
圧が緩いと手首にシワがより、そのことでリンパがせき止められ、手首から先が浮腫みます。

これでは弾性着衣を付けない方がマシです。
そこで思い切ってリンパ浮腫の専門病院に行くことにしました。

リンパ浮腫 手

現在全国的にリンパ浮腫外来のある病院は少なく、地方にお住まいの方は困っている方も多いかと思います。
幸い、私の住んでいる所から病院は近く、電車で30分で行ける場所にあります。
今後、いつ怖い蜂窩織炎を発症してしまうか不安ですので、この病院が近くにあるというのは心強いかぎりです。

<私がリンパ浮腫を発症した流れ>
2012年 7月にリンパ節郭清を含む乳がんの手術

手術直後、腕と手全体に浮腫みを感じたがその後は全快

2017年12月 リンパ浮腫発症

2018年1月
乳がんを手術してもらった病院でリンパ浮腫の指導を受ける
リンパドレナージュで改善を試みる

2018年9月
弾性スリーブとグローブを着用
サイズをMにしてしまったがために悪化

2019年3月
弾性スリーブとグローブ一体型を着用
圧が弱く失敗

2019年9月
やっと専門病院に行くことに

リンパ浮腫外来 1回目

初めての訪れたリンパ浮腫の専門病院を訪れたのは、まだ暑さが残る9月でした。
室内の冷房はかなり弱く、待合室にいると汗ばむくらいの温度でした。
これは、気温差による影響と、薄めの着衣に着替えるため温度差をなくすためだと思います。

初日でしたので、この日は採寸と、治療の希望、問診でした。

私はこういう病院は初めてだったので、よくわからないのですが、処置室?にベッドが置いてあって、そこで採寸から問診まで受けました。

待っている時間がかなり長くて、隣の人の声が聞こえてきました。
隣の方は、蜂窩織炎を発症してしまったようで、今後、外科手術を受ける予定のようでした。

私はまだ蜂窩織炎は発症していませんが、ずっと恐れています。
リンパ浮腫は蜂窩織炎になりやすいので要注意です。

蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じる、広がりやすい細菌感染症です。 患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられるほか、発熱や悪寒が生じたり、より重篤な症状が現れたりすることもあります。 この感染症の治療には抗菌薬が必要です。

蜂窩織炎 – MSD マニュアル家庭版

採寸の結果

腕のリンパ浮腫の場合、サイズを測る場所は肩の下、二の腕、肘の下、手首、手の甲の5か所です。

(リンパ浮腫の国際リンパ学会による病期分類はこの項目の下に書きましたのでご覧ください。)

詳しいサイズはメモを忘れたので書けませんが、手の甲と肘から手首にかけて3番と5番はレベルⅢ、他はレベルⅡでした。
かなり力を入れて指で押しても跡が付かなかったので、残念ながらレベルⅢでした。

写真は私の「カメの甲羅」のような手の甲(右手がリンパ浮腫)です。
この部分はレベルⅢです。

国際リンパ学会による病期分類

0 期リンパ液輸送が障害されているが,浮腫が明らかでない潜在性または無症候性の病態。
Ⅰ期比較的蛋白成分が多い組織間液が貯留しているが,まだ初期であり,四肢を挙げることにより治まる。圧痕がみられることもある。
Ⅱ期四肢の挙上だけではほとんど組織の腫脹が改善しなくなり,圧痕がはっきりする。
Ⅱ期後期組織の線維化がみられ,圧痕がみられなくなる。
Ⅲ期圧痕がみられないリンパ液うっ滞性象皮病のほか,アカントーシス(表皮肥厚),脂肪沈着などの皮膚変化がみられるようになる。

治療希望

リンパ浮腫は完治する病気ではないので、どこまで症状を改善するのを希望するかは個人で違うようです。

問診票に「現状維持を求める」「現在より改善を求める」「徹底的に治療する」という選択を選ぶ欄がありました。(ちょっとうろ覚えなので正確ではないですけど)
私は「現在より改善を求める」にチェックです。

徹底的にとなると手術になるのでしょうか?

私の一番の希望は、弾性着衣の指導です。
加えて、弾性包帯の指導もお願いしました。
この弾性包帯がすばらしく効果を発揮するするのですが、その話はまたあとで書きます。

問診

最後に医師によるリンパ浮腫治療のざっくりした説明を受けました。

「リンパマッサージはすみません、サボってます」と正直に打ち明けたら
「あ、いいですさぼってて。弾性着衣をきちんと着けてくれれば」といわれてなんだかホッとしました。

私はどうしてもリンパマッサージは守ることができなくて後ろめたかったのですが、気が楽になりました。

私はこれ使っています

個人的な話だと、
リンパの流れと血液の流れを促進するということで、
私は、『ルピエライン(le pied line)』というクリームに助けられました。

ルピエラインをリンパ浮腫の私が実際に使ってみた感想
私のリンパ浮腫は、乳がん手術による後遺症で手術後5年経ってから発症しました。 発症してからは、セルフドレナージ(リンパマッサージ)や圧迫療法などで、なんとか付き合って悪化させないように過ごしています。 これを読んでおられる方の中には...

マッサージをさぼりがちな私の場合、

どうしても面倒なときはこのクリームを簡単に下から上に塗るだけのときもあります。

多くの美容雑誌や医学誌にも掲載されているので目にしたことがあると思います。

浮腫みのある箇所にマッサージしながら塗るだけでリンパ液と血液が循環し、リンパの浮腫みや冷え改善に人気のクリームです。

なお、ルピエラインは、ひざ下以外にも、腕、手、太ももやお尻などに使うことができますので、その点はご心配なく。

リンパ浮腫は残念ながら一度発症してしまったら、一生付き合わなければならない病気と言われています。

リンパマッサージも1回2回で効果が出るわけではなく、続けていくことが大切です。

『ルピエライン』で根気よくケアしていきましょう。

>>公式サイトで口コミを確認

*品切れのようなのでリンクを止めときます。

【追記】すみません!再販されていました

すみません!

この記事を読んでくれた方に失礼なことしていました。

私が見たとき売り切れになっていた『ルピエライン』が再販されていました。

ルピエライン

>>『ルピエライン』の購入はこちら

*公式サイトなら初回50%OFFの3,870円、全額返金保証も付いています。
リスクらしいリスクはないので売り切れる前に1つ手に取ってみてください。

※ページが表示されなかったら、売り切れです

『ルピエライン』の使い方

使い方はすごく簡単!
ルピエラインを適量(10円玉くらの量)浮腫んでいる箇所に塗り、リンパの流れを促すようにリンパドレナージュ(リンパマッサージ)するだけです。

こんな方にもおすすめです

リンパ浮腫 クリーム

『ルピエライン』をお得に買う方法

ルピエラインは店舗で販売していないため、通信販売限定の商品となります。
公式サイト・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングでも買うことができますが、公式サイトが一番安く購入できます。
楽天¥8,535 / Amazon¥6,918 / Yahoo!¥8,536

『ルピエライン』安く購入できるようになりました

『ルピエライン』は公式サイトの定期コースなら初回50%OFFの3,870円(税別・送料無料)で購入することができます。

ただ、定期コースだと自分に合わないときはどうしようかと不安になりますよね。
でも大丈夫心配は無用です。
初回に限り90日間の返金保証が付いているので万が一満足できなくてもお金が戻ってくるシステムがありますので安心できます。

リンパ浮腫は残念ながら一度発症してしまったら、一生付き合わなければならない病気と言われています。

リンパマッサージも1回2回で効果が出るわけではなく、続けていくことが大切です。

『ルピエライン』で根気よくケアしていきましょう。

リンパ浮腫

>>『ルピエライン』の購入はこちら

※ページが表示されなかったら、売り切れです

販売元情報

販売業者:株式会社イコールヒューマン
運営統括責任者:木村 哲也
所在地:大阪市淀川区西中島5-6-3-801
電話番号:0120-663-223 (9~18時)
メールアドレス:info@le-pied-line.com
販売サイト:http://le-pied-line.com/

私の場合は、それほど程度が進んでいるわけではないので、今後の治療は一般的なリンパ浮腫の複合的治療を受けることになりました。
弾性着衣は弾性スリーブと、指も浮腫みが激しいので、指までサポートするグローブを使用することになりました。

が!軽い気持ちで「はい、お願いします」と購入を決めたのですが、この指のあるグローブの値段が高くてびっくりです。

今まではミトンタイプでしたが↓

この形になります↓

指がある弾性グローブはなんとお値段が倍以上もするんです・・・

毛糸で手袋を編んだことがある方ならわかると思いますが、指が一本一本あるのって、編むのに手間がかかるんですよね。
つまりその手間で値段が高くなるようです。

弾性スリーブ・弾性グローブ、共にいろんなタイプがあって、試しにいろいろ着けさせていただきましたが、どれもかなりキツイので、着けるのに難儀しました。

この病院は温かい雰囲気で、看護師さんも感じが良くとても親切でした。
あれもこれも着けてみたいという私のわがままに付き合ってくれて感謝です。

どうも私が今まで着けていた弾性着衣はサイズが緩すぎていたようです。
あまりの違いに愕然としました。いままで着けていたのはゆるゆるだったので、だから効果が得られなかったようです。

今回支払いの金額
弾性スリーブ 9,240円
弾性グローブ 18,700円

診察料(弾性着衣の申請書文書代込み) 1,080円

次回は、診察2回目、弾性包帯の巻き方を勉強してきましたので、そのことに続きます。

リンパ浮腫外来に行ってきた話:その2
リンパ浮腫を発症して2年目の私がリンパ浮腫外来に行った話の続きです。 リンパ浮腫の圧迫療法(バンテージ療法)として弾性着衣(腕の場合は弾性スリーブと弾性グローブ)、そして弾性包帯があります。 今回は弾性包帯の巻き方を習ってきまし...

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

出典: 一般社団法人 日本リンパ浮腫学会

タイトルとURLをコピーしました