上皇后陛下の乳がん

上皇后陛下の乳がん上皇后陛下 乳がん

上皇后陛下が乳がんの手術をお受けになられることになりました。
乳がんのタイプなどは明らかになっていませんが、比較的初期の乳がんであろうという発表でした。

宮内庁によると、上皇后陛下が先月になさった定期健康診断のエコー検査で、左胸の乳腺に小さな腫瘤(しゅりゅう)が見つかったそうです。

その後、乳腺のMRI検査で、悪性を疑わせる所見が見られたため、2日に組織検査を受けた結果、比較的早期の乳がんと診断されたそうです。

日程は上皇后陛下は来月以降に手術をお受けになる予定です。
先日の白内障の手術から間もないのに、次から次へ病気が見つかって・・・
御攘夷でお忙しい日々だったので、なにかと無理しておられたのでしょうか、病気の治療の連続になってしまいました。
御攘夷後はゆっくり静養していただけると思ってたのに。

私が気になったのは「半年から1年ほど前に行われた前回の検査で腫瘤が見つかっていなかった」ということ。

乳がんというのは、他のがんに比べれば進行が遅いといわれています。前の検査から時間が経ってなくて、今回発見ということ、それだけ小さな腫瘤というだけなら良いのですが。
ただし進行の早いタイプもあるので、報道だけでは情報が少ないので楽観できないです。

乳がんは手術は内臓の手術に比べれば楽な方ですが、全身麻酔なので年齢的に負担になるでしょう。陛下は体重が急激に減少しているそうなので体力的に大丈夫か心配になります。

今のところ転移はしてないのではないかと楽観的に報道されていますが、乳がんの転移は、手術でセンチネルリンパ節への転移の有無がカギになるので、現時点で楽観視するのは早いのではないでしょうか。

今後の予定は、手術と事前検査に向けて、まずは体力の回復が重要とのこと。今月8月下旬に予定されている軽井沢や草津でのご静養後の手術になりそうです。

今後はストレスなく、ゆっくり治療と静養に専念なさることができますように、一国民として願っています。

(その後、2019/09/08 宮内庁は上皇后陛下の左胸の乳がんの摘出の結果、現状では転移は認められなかった発表しました。ステージ1の早期の乳がんで、手術後の経過も順調とのことで安心しました。)

乳がんのタイプと乳がんの進行度
乳がんの種類はおおまかに5つに分類され、がん細胞の増殖のしかたや増殖能力の高さによって「ルミナルA」、「ルミナルB」、「ルミナルHER2」、「HER2陽性」、「トリプルネガティブ」の5つの種類に分けられます。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

上皇后陛下 乳がん乳がんのタイプ乳がんの進行度
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました