がんの診断が減った一方、死亡率は増加しそう?その理由

スポンサーリンク
コロナ禍の今「定期健診」に行くべきか行かざるべきか乳がんの定期健診
スポンサーリンク
【注目記事】
医療用ケア帽子(ケアハット)がんCARE用品のことならキスマイライフ
>>キスマイライフの口コミ

2020年にがんと診断された人が前年より9・2%減ったという発表がありました。調査結果を、日本対がん協会などが出したものです。

がんの診断が減ったのであればそれで良いのではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

この「がんの診断」の減少は、やはり新型コロナが関係しています。つまり新型コロナでがん検診を受診する人が減ったことが原因ではないかと考えられています。

そのため本来なら早い段階で見つかり、治療も楽で予後も良いであろう「がん」が、見つけられないまま放置され、気が付いた時には進行してしまったというケースが増えました。

今後はますます、がん患者の予後の悪化や死亡率の増加が懸念されています。

2020年のがん診断件数は、前年の2021年に比べて9.2%減りました。減少が多かったのは胃がんで13・4%、大腸がんで10・2%、乳がん8・2%、肺がん6・4%、子宮頸部4・8%でした。

胃がんや大腸がんが多いのは内視鏡を使って診断や治療することが多いからと思われます。これらのがんは、全国で4万5千人もの診断が遅れているいう推定がされています。

新型コロナの緊急事態宣言がだされたときは、がん検診や健康診断が一時的に中止されたり、通常の受診や通院をためらう人が増えました。

昨年は私も定期検査に行くのを躊躇していて、ブーブー文句をのたまってた時期がありました(笑)

日本対がん協会のまとめによると、20年のがん検診の受診者は、前年に比べて約3割も減っていたそうです。

今回の調査では、早期で見つかるケースの減少が目立ち、胃がんの1期は17・4%減でした。進行した状態で見つかるケースも減りましたが、減り幅は多くのがんで比較的小さかったとのこと。

今現在は検診の受信者は戻ってきてるということです。
言うまでもありませんが、がんの基本は早期発見・早期治療。

新型コロナに感染の感染リスクをさげたために、がんの発見と治療が遅れるのでは本も子もありません。

以下、昨年の私です(笑)
定期健診にいきたくないという文句でございます。

スポンサーリンク

コロナ禍の今「定期健診」に行くべきか行かざるべきか

あるニュース記事の見出しが目に留まりました。

「感染者が増え続ける今、定期健診はパスしたほうがいい?」とあります。

記事の内容は「新型コロナウイルス感染症の影響で、定期健診や検診を受けていない人が多いようだ」というものです。

これって、これって、まさに今現在の私の抱えている問題ど真ん中です!

実は今月が私の一年に一度の定期健診なのです。
ですが、このところの新型コロナの感染者の増加で二の足を踏んで、まだ予約の電話を入れていません。

記事の内容を引用します。

がん検診をパスすることで発見が見過ごされるケースも

「健康診断は“将来の病気のリスクに備えるため”のもの、つまり予防のための検査。一方がん検診は、見た目は健康といわれる方が“気づかず持っている現在のがんを見つけるため”に行うものなので、健康診断とがん検診とでは目的が異なります。がん検診は症状がない人を対象とし、不利益が利益を上回るよう定期的に受けることが基本。よってコロナ禍で必要ながん検診が受けられないことで、発見が見過ごされるケースも考えられます」

「例えば乳がんの場合、検診を受けていた人のほうが受けていなかった人に比べ、がんが発見された際の進行度が低いという調査結果もあります。自治体で対象とされている年齢や時期に受けることには利益が多くあります」

引用:ハーパーズ バザー

定期健診 受けるべきか受けざるべきか

定期健診 受けるべきか受けざるべきか

皆、私と同じようにがん検診を受けてない人が増えているんですね。

私の場合、まあ、今年で7年目なのでそんなに焦って検査をしなくても良いかな?と・・・

だめ? だめでしょうね・・・たぶん。

ちょっと前は感染者が減ってきていたので、今年も変更なしでいいかなと思ってたのですが、ここにきて東京の感染者の増加が気になります。

しかも私の病院はなんと感染者の多い震源地的な街なので、そこに電車で行くだけでも何となく抵抗があります。

乳がんは一般的に他のガンと違って進行が遅いので(早いタイプもあります)10年は検診を受けなければなりません。

面倒くさいですがこればかりは仕方ありません。

・・・・嫌だけど。

ちょっと私の不謹慎な愚痴を書きます。読みたいという奇特な方は、次の段落を反転してください。↓↓↓

検査は受けなきゃいけないのはわかってますよ。だってだって、毎年「血液検査とマンモグラフィーだけ」って言ったくせに、きっちり追加でエコーやレントゲンや、CTまで追加してくるじゃんか! そんで診察のときに「はい、コレステロールがやや高めだけど、他は特に問題ないですね!」って、毎度そういうことになるじゃん。血液検査でマーカーに変化もなくて問題ないのはわかってるなら、臨時の追加検査しないでよ~。 だいたい、血液検査のあとに、臨時の追加で検査のオーダーが出されるとこっちも「すわ再発か転移か?」ってビビるんだよっ! 脅かすのやめてよ~~~~。私は今元気いっぱいだ!問題ないないない!きっとない!たぶんない!ないと思う、ないだろう・・・ないといいな!

その記事にも、感染を怖がるあまり今年はコロナだからいいやと思いがちだけど、今後、第2波が来れば、医療体制が変わる可能性もあるので、検査は受けられるときに受けておこうと、書いてありました。

ちなみに、企業などの健康診断も今年は減っていて、アンケート調査結果を見てみると、5~8割ほど減少しているようです。

もしかして今後は、健康診断や検診を先送り(あるいはパス)して、本来なら早期発見で直せたはずの病気が、度が進んで発見となってしまうケースが増えるかもしれません。

もしかして今後は、健康診断や検診を先送り(あるいはパス)して、本来なら早期発見で直せたはずの病気が、度が進んで発見となってしまうケースが増えるかもしれません。

乳がん検診を受けるタイミングはいつがいい?
今や日本人女性が生涯で乳がんに罹患する確率は、10.6%(9人に1人)となってしまいました。 自分は乳がんにならないという過信は禁物です。 知らず知らず病は忍び寄ってくるもの。 乳がんは、無症状のうちに検診を受診すれば早期発見...

乳がん検診を受けるタイミングはいつがいい?

定期健診の問題 SNSでも話題

SNSでもコロナ禍の定期健診の問題が話題になっているようです。

たしかに、病気はコロナだけじゃない、コロナを恐れてガンの早期発見が遅れた方が嫌ですよね!

たしかにそうですね。

WHO「歯の定期健診 先送りを」

WHO「歯の定期健診 先送りを」

ちなみに、歯の定期健診も話題になっていますね。

WHOが「新型コロナウイルスの感染が拡大している地域では、歯の健康維持のための定期健診などは先送りするよう推奨している」とコメントしました。

それに対して日本歯科医師会が「国内の歯科医院では、感染予防策を強化してきている。健診であってもひとりひとり状況は異なり、受診が望ましいケースもあるため、かかりつけの歯科医と相談してもらいたい」と意見を出しました。

そりゃそうですよね。待てない歯の痛みってありますもん。

定期健診 まとめ

とにかく、命の危険や、急を要する病気なら定期健診はやっぱりすべきですね。

健康診断や定期健診を抱えている皆さま、またコロナの波がやってくる可能性もなくはないので、できるうちにやっておいた方がよさそうですよ。

 

ひばり
ひばり

是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

参考:https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f4cbf8a599a1ece0ab0188376f8878414ac75f

タイトルとURLをコピーしました