ホルモン療法中のイソフラボン

タモキシフェン

乳がんのホルモン療法(タモキシフェン)を5年間続けて

乳がんには、がん細胞の増殖にエストロゲン(女性ホルモン)を必要とするものがあり、乳がん全体の 6~7 割を占めています。このようなエストロゲンで増殖するタイプの乳がんに対してはエストロゲンの働きを抑える「ホルモン療法(内分泌療法)」の効果が...
ホルモン療法中のイソフラボン

ホルモン療法中にイソフラボンは摂るべきか摂らざるべきか

ホルモン療法の副作用対策としてイソフラボンを摂るべきか摂らざるべきか。ホルモン受容体陽性の乳がんのがん細胞の増殖をくいとめるために、エストロゲン(女性ホルモン)をコントロールして抑える治療をします。その治療により、ホットフラッシュ・冷え性・頭痛・骨粗しょう症などまるで更年期障害と同じような症状が出たりすることがあります。更年期障害と同じような症状なら、イソフラボンを摂れば症状が緩和できるのではないか?
タイトルとURLをコピーしました