タモキシフェン

タモキシフェン

乳がんのホルモン療法(タモキシフェン)を5年間続けて:女性ホルモンのエストロゲンを抑える薬

タモキシフェン 乳がんには、がん細胞の増殖にエストロゲン(女性ホルモン)を必要とするものがあり、乳がん全体の 6~7 割を占めています。 このようなエストロゲンで増殖するタイプの乳がんに対してはエストロゲンの働きを抑える「ホルモ...
ホルモン療法

ホルモン依存型の乳がんのホルモン療法

乳がんのタイプは、乳がん細胞の好みで分類されます。女性ホルモンが好きなタイプ、そうではないタイプとありますが、乳がんの人の60~70%の人が女性ホルモンが好きなタイプ、ホルモン依存型の乳がんです。これを「ホルモン受容体陽性」の乳がんと言ったりします。私もホルモン依存型の乳がんですので、ホルモン療法を受けることになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました