環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモン(内分泌攪乱物質)と乳がん

環境ホルモンはエストロゲンに似た作用をするので、乳がんリスクを知らず知らず受けてしまいます。または乳がんだけではなく、アレルギー、子宮内膜症、不妊、発達障害など、他の疾病にも影響していると問題視されています。日々の暮らしで、環境ホルモンをなるべく避けて暮らすにはどうしたらよいかをお話したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました