私のリンパ浮腫対策、乳癌手術の後遺症

リンパ浮腫 手リンパ浮腫
↑↑↑↑の写真が私の手。
右手が浮腫のある手です。
  • 腕が重い
  • 1日中だるさを感じる
  • 夕方になると足がむくんでくる
  • 指で押すとへこんだまま、戻ってこない
  • 冷え性が悪化する

などなど
これは、リンパ浮腫を経験したことのない人には伝わらないと思います。

私も乳がんの手術をきっかけにこのリンパ浮腫を発症してしまった一人です。

2012年春、47歳の歳に胸にしこりを発見してから、

  • 全摘手術
  • 抗がん剤治療
  • ホルモン治療

を経て、現在、リンパ浮腫を発症(2017年12月)してしまって2年が経ちました。

リンパ浮腫が悪化しないために

リンパドレナージをしたり、圧迫療法とか運動療法とか弾性スリーブ、さらにはダイエットなどなど・・・。

もちろん、専門医(血管外科やリンパ浮腫外来)の診察も1つの方法です。

とは言え、毎日のセルフケアが基本となるので、自分に適したケアはどれなのか?を探るのに時間がかかると思います。

最近は、手抜き方法を知ったので、辛いリンパ浮腫ケアの負担が一気に楽になりましたが、これからも付き合っていく覚悟で生活しています。

リンパ浮腫になったら

リンパ浮腫になってしまったら、圧迫療法とリンパドレナージが主な改善方法です。

圧迫療法

私の場合、リンパドレナージと共に朝起きたときの良い状態を保つために、圧迫療法を行っています。

弾性スリーブや弾性グローブという弾性着衣(足の場合は弾性ストッキング)や弾性包帯(バンテージ療法)を着ける方法です。

【↑写真】今現在私は②のグローブ(手の部分)と一体型の弾性スリーブを使ってますが、指の部分がないので、指が浮腫みそうなときは薬局で普通に売ってる包帯を巻いたりします。

(注:この記事の時点では一体型使用、その後、弾性着衣は変えました。その様子はこちら↓をご覧ください)

浮腫んでいるときは痛みはありませんが「だるい」ので、圧迫するととっても気持ち良いし楽です。

ただし、弾性着衣も弾性包帯もダサい肌色で、見た目がアレです。

たまに黒や、海外のものでは柄付きのもあるようです。

弾性着衣の保険適応について

平成20年度の診療報酬改定で医師の指示に基づき、購入する弾性着衣などが同年4月1日から療養費として健康保険適用となりました。

領収書を添えて区役所や市役所で手続きすれば、着衣購入で支払った金額の一部が戻ってきます。(半年ごとに2着)

リンパドレナージ(マッサージ)

リンパ液というのは血液の様にドクドク流れているものではなくて、なんとなく漂って、身体を動かすたびになんとなく流れるものらしいです。

それを人工的にマッサージによって滞っていたリンパ液を流すのがリンパドレナージ(マッサージ)です。

リンパ管の走行とリンパ液の正しい流れに従って、決められた方法によってマッサージします。

マッサージすると浮腫みが軽くなり、皮膚がほぐれて柔らかくなります。

ただ、きちんとやると20分もかかるので面倒です。

そういう時は途中までやったり、深呼吸だけするなどの手を抜く方法もあります。

でも本当はきちんと毎日、できれば一日2回するのが理想です。

習慣化がやっぱり基本

弾性着衣をつけることで、少しは楽になります、やはり基本は、毎日行うマッサージ。

私の場合、最初は時間をみてマッサージを行っていましたが、1日1回になり、2日に1回になり、サボりがちに・・・。

毎日やっても効果があるのか?ないのか?

波があるので、やらないといけないと思いながらも・・・。

これおすすめ

そこで今、私が愛用しているのが、

リンパの流れと血液の流れを促進する『ルピエライン(le pied line)』という神クリームです。

この商品、何と言ってもリンパ浮腫専用のクリーム

リンパ管成分であるパッションフルーツ由来の成分『クダモノトケイソウ果実エキス』が高濃度配合され、加えて引き締め効果のある植物成分が配合されています。

新コロナウイルスの影響で、病院に行くのは自殺行為ですし、

そもそも、リンパ浮腫専用クリームとして、唯一と言える商品です。

↓↓↓ こんな悩みの方におすすめ ↓↓↓
リンパ浮腫 クリーム

この『ルピエライン』、幸運にも全額返金保証(初めて購入の人限定)が付いているので、試供品感覚でお試しできます。
>>リンパ浮腫を緩和するならこちらから

「ルピエライン」私の使い方

リンパマッサージは前処置として腹部や鼠径リンパ節や鎖骨リンパ節からマッサージしますが、私はケチって腕意外はお安いベビーオイルを使用して、腕だけ特別扱いで「ルピエライン」を使用することにしています。

(以下の写真は前処置のマッサージを済ませて、実際にルピエラインを使うところからです)

ルピエラインの一回の使用量は十円玉1個くらい

ルピエラインの一回の使用量は十円玉1個くらい。
ルピエラインは伸びが良いので、すっと伸びます。
1.肩 2.二の腕 3.ヒジ下 4.手のパーツに分けて、それぞれ下から上に向かってマッサージします。

浮腫みのある箇所にマッサージしながら塗るだけで

リンパ液と血液が循環し、リンパの浮腫みや冷え改善に人気のクリームなので、

マッサージをさぼりがちな私の場合、面倒なときはこのクリームを簡単に塗るだけのときもあります。

『ルピエライン』の感想ページ

筆者ひばりのルピエライン体験談は↓↓ 下 ↓↓↓ にアップしてあります。

ルピエラインをリンパ浮腫の私が実際に使ってみた感想
私のリンパ浮腫は、乳がん手術による後遺症で手術後5年経ってから発症しました。発症してからは、セルフドレナージ(リンパマッサージ)や圧迫療法などで、なんとか付き合って悪化させないように過ごしています。これを読んでおられる方の中には、私のように

リンパ浮腫は、一生付き合っていかなくちゃいけないものです。

そう考えると、リンパ浮腫クリームに無駄な出費は掛けたくないもの。

コスメみたく試供品がたくさんあるけどじゃないから、お試しと言っても限られます。

この『ルピエライン』、幸運にも全額返金保証が付いているので、試供品感覚でお試しできます。

90%以上の人が、その温感と保湿効果を実感しているルピエライン
自分に合わなかったら返金(3,870円)してもらうだけなので、使わずに後悔はしないほうがいいと思います。

公式サイトはこちら↓↓↓
公式サイト

※ページが表示されなかったら、売り切れです
※リンパ浮腫原因なども細かく紹介されているので参考ください。

 

タイトルとURLをコピーしました