免疫力が下がる化学療法中を上手に過ごす工夫

免疫力が下がる化学療法中の過ごし方免疫力が下がる化学療法

今回は化学療法中の過ごし方をお話します

化学療法中の免疫力が落ちている状況の方は、健康な人よりより一層気を付けて過ごしていかなくてはいけません。

抗がん剤治療を受けると7日から14日目に免疫力が低下すると言われています。
化学療法中はやっぱり普段とは違うので、気を付けて生活する必要があります。

治療が終わってもまだまだ注意は怠らないこと。

化学療法中、衛生面で気を付けること

衛生面で気を使ってください。ちょくちょく小まめに手を洗うことです。
免疫力が低下する期間は細菌感染やウイルスを寄せ付けないよう注意しましょう。

  • 手洗いは、流水で念入りに洗う。
    外出後・トイレの後・料理前・食事の前・食器を触る前
  • うがいは丁寧に行います。
    下を向いてぶくぶくうがい→上を向いてがらがらうがい→下を向いてぶくぶくうがい。
  • 食後は必ず歯磨きをしましょう。
  • マウスやキーボード、スマホ、ドアノブなど、手に触れるものは小まめに殺菌できるもので拭く。
  • 火が通ったものを食べる。
  • 動物に触ったあとは手洗を。
  • 目や口などの粘膜を触ると感染しやすいので注意。
  • 鼻をかんだ後は手を洗う。
  • 入浴できるときは毎日。できなければ陰部だけでも清潔に。
  • 自分はもちろん、家族に風邪をひかせないよう注意する。
  • 掃除をするときはマスクや手袋をする。

化学療法中、衛生面で気を付けること

免疫力が低下している化学療法中の過ごし方

免疫力が低下している期間(7日から14日目)は、できるだけ家から出ないのが確実です。
なかなか難しいこともあるかもしれませんが、家族や職場にお願いしてみてください。
私は家で仕事をしているので、それほど苦なくできましたが、それでも買い物は主人にお願いしました。

買い物の計画を立てましょう

免疫力が下がる日を見計らって、買い溜めをしておくとか、家族にお願いしたりネットスーパーを利用すると良いです。
私のときはありませんでしたが、近ごろはネットスーパーがあるから、家から出たくないときに利用するのに便利ですよね。
治療中は自分だけ食欲が落ちて食べ物を見るのも嫌になることもあります。そんなときは家族には外食してもらったり、宅配弁当を利用するのも良いでしょう。

免疫力が下がる日を見計らって、買い溜めをしておくとか、家族にお願いしたりネットスーパーを利用すると良いです。

辛いときは

一番免疫力が下がるその期間は体調も悪くなるでしょう。
これは「休め」というサインですので、無理をしてはだめです。
さっさと寝てしまいましょう。睡眠は免疫細胞を増やします。
風邪と違って眠くはならないんですけど、身体を横にするだけでも楽ですし。

抗がん剤によって骨髄の機能が低下すると白血球(特に好中球)の数が減少します。
抗生物質が処方されるはずですので、万が一感染症の兆候があるときは医師の指示通りに飲みましょう。

ゆったり過ごす

家でゆっくり音楽を聴いたり、読書などをして過ごしましょう。
笑うことは免疫細胞を増やすことにとっても良いので、マンガやお笑い番組などを見るのもおすすめです。

お日様を浴びる

時には、息が詰まると感じることもあるかもしれません。
そんなときは、短時間でも近所の公園を散歩してみるのも手です。
お日様の光を浴びることは免疫力をアップさせます。
日向ぼっこも良いですね。

お日様の光を浴びることは免疫力をアップさせます。

化学療法が終わっても注意を怠らないで!

注意しなくてはいけないのは、14日を過ぎたあともです。
ピークを過ぎてもまだ免疫力は下がっていますので、ここで油断してはいけません。継続して対処しましょう。

私の場合、抗がん剤治療で、身体がだるく筋力もにぶくなりました。
手足のしびれもあったのでかなり転びやすかったので、そろりそろりと歩いていたのを思い出します。

免疫力が下がったので、ものもらい(霰粒腫)になったり、抗生剤の副作用ですごい下痢をしてしまい、それがもとで切れ痔になったり・・・
次から次へと連鎖的にトラブりました。

治療が終わってもまだまだ注意は怠らないこと。
しばらくは注意して生活しておきましょう。

治療が終わってもまだまだ注意は怠らないこと。

化学療法中の過ごし方 まとめ

友人で今現在、抗がん剤1クール目の人がいます。
まだ副作用が出ていないので、ちっともおとなしくしていないのです。

新型コロナウイルスの感染リスクがあるというのに、人ごみに行くは、閉鎖空間のパチンコ屋に行くは、ローラースケートで手の骨を折るわ・・・
さすがに骨身に沁みたらしく今はおとなしくしていますが。

治療中は悲観的になりすぎてもいけませんが、楽観的すぎるのもいかんです。
化学療法中はそれなりに気を付けましょうということで今回記事にしました。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

免疫力が下がる化学療法化学療法・抗がん剤
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました