乳がん発覚前の異変 その1:お通じの異常

乳がん発覚前の異変 その1:便の状態 腸内フローラ
スポンサーリンク

乳がんがまだ胸の中にあったころのお通じの話です。
今回は尾籠な話ですみません。
お食事の方がいらしたら、後で読んでくださいませ。

胸にあったしこり(乳がん)を発見する2年前から、便の状態が常におかしかったのを思い出したので書いてみます。

スポンサーリンク

お通じの異常:便秘と軟便

子供のころから便秘がちだったのでそれに慣れっこになっていて、異変を見過ごしていました。
あのころ、お通じのサイクルは、「5日くらい出ない→軟便」を繰り返していました。

普通なら便秘のあとは普通便でしょう。でもあのころは違ったのです。
便秘と下痢や軟便を繰り返すのは良くないと聞いていたのですが、まさにあの時のサイクルがそれそのものでした。

ヘドロのような便

しかも色も灰色がかって汚い「ヘドロ」のような状態で、水で流しても便器にこびりつくべったりした便、さらに強烈な悪臭がしました。

そしてその臭いに心当たりがありました。

胃がんだった父の便の臭いと同じニオイだったのです。

「・・・・がんの臭い? いやいやいや・・・まさかね」

そんなもんですよ、自分は病気ではないと思い込んでいたので、お通じがおかしくても否定していたのです。

がんにはニオイがある

がんにはニオイがあるという話があります。
犬ががんのニオイの異変を発見して教えてくれる「がん探知犬」というのをご存じでしょうか。
なんと発見率は99.7%だそうですね。

人間もがんのニオイはわかります。
私が感じたニオイは、焦げ臭い、焼けたゴムのようなにおい。

あの頃の腸内は悪玉菌だらけだったはず

便は体調のバロメータと言います。
完全に腸内細菌のバランスは悪玉菌に乗っ取られてた状態でした。

腸内環境を改善するには

腸内細菌 善玉菌 悪玉菌 腸内環境

お通じの異常:おならの異変

本当に汚い話でごめんなさいね。

あのころ、おならもおかしかったんです・・・。
ガスがすぐ溜まって一日中困ったことになっていました。

回数が多い

健康な腸の人は一日に出すおならは平均5~6回と言われていますが、あの頃の私は10分おきに出てたような状態なので1時間につき6回、起きている時間を18時間として・・・

18時間×6回=一日108回!

(なんと煩悩の数と同じ回数ではないですか!)

ニオイが強烈

ニオイはこれまた強烈で、たくあんのような臭いの時や、ゆで卵の臭いのとき、つーんとする刺激臭のときもありました。
便が腸内で発酵しているのでしょうか?
どっぽん便所のようなにおいの時もありました。

お通じの異常があったにも関わらず・・・

明らかにおかしかった私の身体。
おかしいと思いつつ、そのころ、身内の不幸や引っ越しなどばたばたと忙しい事情も重なって、病院にも行かず、健康診断もせずでした。

やはり腸は健康のバロメータ

腸の状態と乳がんは直接関係があるのかどうかはわかりません。
ただ、身体の中の「悪いもの」が排泄されず、ずっと何年も身体の中に居続けたのは事実です。
これで何か起こらないわけないと今では思っております。

臭いおなら お腹が張る

お通じの異常サイン

これを読んでいる方、私のようにご自分のお通じのサインを見逃さないようにしてくださいね。
以下のことに心当たりがあれば、もしかすると腸内で何か起こっているか、はたまた病気の前兆ということがあるかもしれませんよ。

  • 色が黒い
  • 色が赤い
  • 色が灰色
  • 便が細い
  • 排便前におなかが痛む
  • おなかが張る
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • ガス(おなら)がたくさん出る おならが臭い
  • 1ヶ月以上続く下痢

お通じの異常

お通じの異常:腸内環境について

健康のカギは腸にありです!
今回のことでつくづくそう感じます。

医学の父である紀元前ギリシャの医師ヒポクラテスは「すべての病は腸から始まる」と言いました。
どうです、そんな昔の人が現代医学でも十分通じる言葉を残してるとは驚いてしまいます。

どうして腸なのでしょうか?

腸は食べ物だけではなく、それといっしょの病原菌やウイルスなどが常に入り込んでくる場所なんだそうです。
病原菌やウイルスがそのまま身体に入っては危険ですので、腸はそういう外敵を撃退するようにできています。

それが「免疫細胞」と呼ばれるもので、腸にはその免疫細胞が大集結しています。
体内の免疫細胞のなんと約70%がもあるのだそうです!
ほんとびっくりです。

腸内の環境を整えて免疫細胞を元気に

ですので、腸内の環境を整えて免疫細胞が元気になってもらうことが大切です。

最近よく耳にすることがある「腸内フローラ」
腸の中の細菌が顕微鏡で覗くとまるでお花畑のような形を形成していることから「腸内フローラ(花畑)」と言われるようになりました。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

私達の腸の中には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいることがわかっています。
理想的な比率は「善玉菌:悪玉菌:日和見菌は2:1:7の割合」と言われています。

悪玉菌がなくなればいいのにと思いますが、そういうことはなくてシーソーのように、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、善玉菌が減れば悪玉菌が増える関係を築いているのだとか。

日和見菌はその名前のとおり、腸内で善玉菌が優勢の場合は善玉菌の味方となり、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌を応援します。

日和見菌を味方につける

なで、数の多い日和見菌を味方につけることが健康が腸内フローラを作る上でのカギとなるのです。

あのころの私の腸内バランスは、日和見菌はすっかり悪玉菌の手下になっていたのでしょうね。

腸内の環境を整えて免疫細胞が元気になってもらうことが大切

病気に負けない身体づくりを

病気に負けない健康な体を作るカギは腸内フローラが元気になることです。
大切なことは善玉菌を増やし、日和見菌を善玉菌の味方にすることです。

私が実践している腸内環境を改善する方法・・・

 
 
KUROJIRU【黒汁ブラッククレンズ】健康とダイエットにチャコールクレンズ
 
 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました