皆が乳がんを発見したきっかけで一番多いのはセルフチェックだった!自分で乳がんをチェックする方法を伝授いたします!

皆が乳がんを発見したきっかけで一番多いのはセルフチェックだった!自分で乳がんをチェックする方法を伝授いたします!セルフチェック

生涯で乳がんにかかる乳がん罹患率は年々増える一方で、今や日本人女性の9人に1人がかかると言われている乳がん。殆どの女性は「自分はいつか乳がんになる」と意識しておいても方が良いかもしれません。

女性がなるガンで最も多いのが乳がんですが、その割に、死亡数は女性のがんの中では5番目とさほど多くはありません。

乳がんは、患者数に対して死亡数が少ないこと、さらにステージ0~1の早期段階で発見された場合は90%以上の10年生存率が望めることからも、早期発見できれば比較的予後のよいがんといえます。

皆が乳がんを発見したきっかけで一番多いのはセルフチェックだった!自分で乳がんをチェックする方法を伝授いたします!

乳がんを発見したきっかけで多いのは

乳がん発見のきっかけは、自己発見が55%で最も多く、検診での発見は3人に1人程度です。外来で見つかる乳がんは、9割が無痛性の「しこり」で、残りの1割が「しこりを触れず」、乳頭からの血性分泌と乳頭のただれがあります。一方、検診で見つかる乳がんは、手に触れない小さい「しこり」や「微細な石灰化」で分かることが多く、早期のものが多いのが特徴です。

乳がんになっても気が付かないことが多いのです。通常は痛みを伴わないためある程度の大きさになるまで気が付きません。

乳がんを発見したきっかけで多いのは

痛みについて
乳腺症を合併した場合や炎症性乳がん(しこりがなくがん細胞が乳房全体に広がる特殊なタイプの乳がん。進行が早く悪性度が高い)などでは痛みを感じることはあります。]

乳がん発見時の症状

しこり

乳がんは乳房の中にできるガンですので、自分で触診できるガンです。

乳がんが0.5~1cm位の大きさになると自分の手でしこりとして認識できるようになります。通常しこりに触れても痛みはありません。

私が経験したしこりの感触は、固い小石の塊といっかんじ。
その小石は胸のなかで動かなくて、乳房の中に固定されているようでした。

乳頭からの血の混じった分泌物

がん細胞が乳頭にまで達すると乳頭から分泌物が出てきます。非浸潤(ひしんじゅん)がんは、しこりなどの自覚症状がなく検診で発見される率が増えていますが、乳頭から血性の分泌物が出ることで異常に気づくこともあります。

私の親しい方ですが、彼女はある日、乳頭からの分泌液に気が付いて「おかしい」となり、あわてて病院を受診したそうです。

私もブラに薄茶色の染みが付いていたことがあったので、やはり血液が混ざった分泌液が出ていたのだと思います。

そのころになるとお風呂に入ると、乳首がお湯に沁みて痛かったです。

乳頭の陥没や乳房のくぼみ

お風呂あがりなどに鏡で観察する習慣を持つと、乳房の変化を発見しやすくなります。がんが乳房の皮膚や乳頭に近いところに達することで現れることがあります。

乳房の皮膚表面の変化

乳がん発見のきっかけとして皮膚の表面の変化で気づくこともあります。炎症性乳がんで多く見られる症状です。他にも炎症性乳がんでは、痛みや熱感を伴うなど乳腺炎とよく似た症状を示すことが知られています。
また、乳頭のただれや周囲の皮膚の湿疹で気づくことも。

乳房近くのリンパ節の腫れ(腕のむくみしびれ)

乳房近くのリンパ節に転移した場合、リンパ節が腫れたり、周囲の神経が圧迫されて腕がむくんだりしびれることがあります。

レモンで表現した「乳がんの12の兆候」とセルフチェックの意義
この12個のレモンのイラストをご存じでしょうか。12個のレモンはそれぞれ乳がんのタイプを表しています。これがとっても、わかりやすいのでこのブログでも紹介します。レモンがどんな乳がんを示しているか 肥大したい皮膚 乳房のくぼみ 皮膚のた

レモンで表現した「乳がんの12の兆候」とセルフチェックの意義

番外編 私の気になった症状

私の症状なので、一般的な乳がんの症状に当てはまるわけではないと思いますが、気になるので念のため書いておきます。

乳房の中の痒み

乳房の中に痒みがありました。痒いのが皮膚表面ではなく乳房の中なので、書いても痒み止めを塗っても効果なしでした。

乳房の腫れ

私の乳がんのタイプは炎症性ではないのにもかかわらず、乳房全体の腫れがありました。生理周期とか関係なく腫れを感じていました。

乳首の痛み

乳首も腫れて痛みがありました。お風呂に入ると沁みるので、乳首を手で抑えながら湯船に浸かっていました。

乳がんを発見したきっかけで多いのは

乳がんのしこりと、それ以外のしこり

乳がんのしこり

パチンコ玉のような硬さがあり、触ってもやや動きが悪く、形など辺縁がわかりにくい場合が多いです。
皮膚や乳頭の近くにできたり、大きくなってくると周囲の組織を引き込んで皮膚のへこみや乳頭が陥没してくるなどの症状を呈してくる場合があります。
また、皮膚の発赤などを伴うこともあります。
大きくなると、皮膚をつきやぶって潰瘍をつくったり、出血や悪臭の原因となることもあります。

良性腫瘍

線維腺腫やのう胞、葉状腫瘍(良性~悪性まである腫瘍です)などの腫瘍により感じるしこりです。触るとよく動き、表面が割とつるっとしているのが特徴です。

乳腺症

乳腺症という乳腺の病態で感じるしこりがあります。乳房が全体に硬く感じる場合、一部だけ目立って硬い場合など様々です。生理周期に合わせてしこりを感じたり、感じなくなったりすることもあります。

乳がんのセルチェックをしていますか?

乳がんのセルチェックをしていますか?

乳がんのセルフチェックの方法がわからないという方は多いようですので書いておきます。月に一度のチェックをお忘れなく。

セルフチェックは、閉経前の方は乳房がやわらかくなる月経終了後1週間~10日の間に、閉経後の方は一定の日にちを決めて、毎月1回行いましょう。

鏡でチェック

  1. 両腕を下げた姿勢で、乳房や乳頭を観察します。
  2. 両腕を高く上げた姿勢で、正面・側面・斜めから乳房を観察します。
    両腕を下げた姿勢で、乳房や乳頭を観察します。
  3. 乳頭を軽くつまみ、血のような分泌液がないか調べます。

起きた状態でチェック

  1. 腕をあげ、乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶなどがないか調べます。
    腕をあげ、乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶなどがないか調べます。
  2. 指先をそろえてわきの下に差し入れ、リンパ節が腫れていないか確認します。
    指先をそろえてわきの下に差し入れ、リンパ節が腫れていないか確認します。

横になった状態でチェック

  1. 腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
    腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます
  2. 腕を下げて、乳房の外側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
    腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます
  3. わきの下に手を入れ、しこりがないか指の腹で調べます。
    わきの下に手を入れ、しこりがないか指の腹で調べます。
ただし、乳房の深い部分にしこりができた場合や、しこりが小さい場合には手で触っても気付かないことがあります。
無症状の乳がんも存在しますので、セルフチェックだけでなく定期的な健診は受けましょう。

乳がん検診の内容

がん検診には、集団全体の死亡率減少を目的として実施する国主導型の“対策型検診”と、人間ドックなど個人の死亡リスクを下げることを目的として行う“任意型検診”に大別されます。

乳がん検診にも対策型と任意型があり、問診、視触診、マンモグラフィ検査、超音波検査(エコー検査)などを行います。

対策型検診

日本では自治体が行う住民検診に該当し、費用は無料または一部の自己負担で受けることができます。
40歳以上の女性を対象としたマンモグラフィ検査(隔年)が基本となります。

任意型検診

人間ドックや職場検診など、受診形態はさまざまです。マンモグラフィ検査や超音波検査(エコー検査)などから自由に選択することが可能です。ただし、任意の検診のため、費用は自己負担になります。

<まとめ>

乳がんは自分で発見するケースが多いということと、セルフチェックの方法をご案内いたしました。
乳がんは自分で触って異常を確かめられるケースも多いがんです。
約半数の人がセルフチェックで異常に気づいていることからも、習慣的に自分で触ってチェックすることの大切さを改めて感じます。
月一のセルフチェックの習慣で自分の身体を守りましょう。

 

ひばり
ひばり

是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

出典:「経験者の声から知る乳がん」~早期発見のために伝えたいこと~|株式会社エムティーアイのプレスリリース

タイトルとURLをコピーしました