乳がんの化学療法3クール目:副作用で手足が大変なことに!

乳がんの化学療法3クール目:副作用で手足が大変なことに! 手足症候群
スポンサーリンク

化学療法2クール目のつづき、今回は化学療法2回目のことを書きます。
化学療法1クール目はこちら

化学療法3回目も副作用は2クール目とだいたい同じなのですが、より強い副作用となって現れました。

私が受けたのはTC療法なのですが、回が増えるたびに、副作用の度合いが増すみたい。

今回は新たに増えた副作用を中心に書きます。

スポンサーリンク

化学療法の副作用:発熱 & 嘔吐

化学療法が始まってから、吐くほどではありませんがずっと「うすぼんやりした胃のむかむか」が続いていました。

エチケット袋を準備

なので、枕元には遠足で必ず持って行ったあの「エチケット袋(ゲロ袋)」を置いていました。

とうとう吐いてしまった

一応吐き気止めの薬(デカドロン錠)は飲んでいたのですが、抗がん剤の効き目が出る4日めにとうとう吐いてしまい、その袋のお世話になることになりました。

結局、5回吐いて、そのあと鎮まりました。

それでもTC療法は吐き気は少ないらしい

私がやったTC療法は吐き気はたいしたことないという話だったので、他の薬は辛いんでしょうね。

我慢しない

次回の診察の時に吐き気止めの座薬を処方していただきました。
最近の医療は「我慢しない」という方向なのだそうです。

化学療法の副作用:発熱 & 嘔吐

化学療法の副作用:骨髄抑制

熱を測ったら38度近くだったので、これはもしや怖いと脅かされていた「骨髄抑制」か?
と、あせって準備していた抗生物質を飲みました。(1錠吐いてしまいましたが)

骨髄抑制とは

「骨髄抑制」というのは骨髄の機能が抗がん剤の影響で低下することなのですが、重症化すると命に関わることもある合併症に発展するので、あやしいとおもったら、早期に抗生物質等の薬を飲むように処方されていました。

骨髄抑制の症状

38度以上の熱・喉の痛み・寒気とまるで風邪のような症状の他、排尿時の痛み、腰や脇腹に痛みがあると言われています。

私の場合

幸い、私の場合は抗生物質のおかげなのか、そもそも骨髄抑制だったのかわかりませんが、熱以外は症状が出ることはありませんでした。

化学療法の副作用:大下痢

もともと便秘体質なもので、かつこれまで2回の抗がん剤の便秘がひどかったので、「便秘になる」と決めつけて、若干多めに便を柔らかくする「酸化マグネシウム」という薬を飲んでいました。

それが裏目に出てしまいました。

大下痢

どうも今回は便秘ではなかったようで「酸化マグネシウム」がもろ効いてしまい、大下痢になってしまいました。

便が液体になってしまった

横になっても縦になっても腸の中が液体のようになってるため、だだもれ状態・・・

生理用ナプキンでは足らず

夜用の生理用ナプキンでもカバーしきれない事態になってしまいました。
あんなひどい下痢は初めて・・・・

様子のみて飲む量を決めるべきでした

今回の件は、副作用というより、私の判断ミスでした。

化学療法の副作用:骨髄抑制

化学療法の副作用:爪の横線

爪は健康状態が現れると言いますよね。

爪に横線が一本ずつ

面白んですよ。
私は抗がん剤は4クールやったのですが、そのたびに爪に横線が一本ずつ入るんです。
だから4本の横線が付きました。

爪の横線の原因

普通爪のしわで横に入るのは栄養状態が不足したり、ストレスがかかることが原因とされています。

化学療法はストレスそのもの

まさに化学療法のストレスが爪に現れたというわけです。

爪が浮く

そしてこのあと、爪は徐々に皮膚から浮いて剥がれてくるのですが、本格的にはがれるのは次回の4クール目以降です。

化学療法の副作用:爪の横線横線はこう入ります。

※手足症候群だけに絞って別ページにも書きましたので、よかったらお読みください

化学療法の副作用:手足のひりひり

私が化学療法で一番つらかった、私的にはつらさの横綱がこの手足のひりひりです。

「手足症候群」の一つと言われます。

抗がん剤によって、手や足の皮膚の細胞が障害されることで起こると言われています。

火傷のように赤くなり皮膚が剥ける

はじめは赤くなり、ちょうど火傷のようにひりひりして、やがて水泡ができて、これがべろんと破けて中の皮膚が丸見えになるので、なるべく皮をはがさないようにします。

塗り薬は気休め

塗り薬は処方されていますが、ぜんぜん効きません。
本当につらくてまいりました。

皮膚に触れるものはすべてが痛い

お風呂は水風呂にしか入れず、靴下も履けず、包帯も巻けず、寝るときも布団が痛いので、冬だったのにも関わらず、足を布団の外に出して寝ました。

靴は絶対に無理なので、痛さがピークになる期間は外出はできませんでした。

次の抗がん剤のクールまでには一反痛さは落ち着きますが、抗がん剤のたびに振り出しに戻ります。

痛い箇所は毎回変わる

痛くなる場所は、手足とも側面、つまり小指側から始まりました。
毎回、痛くなる場所が違うのは面白いところで、一度痛くなった場所は再び痛くならず、必ず違う場所が痛くなるのです。

※手足症候群だけに絞って別ページにも書きましたので、よかったらお読みください

化学療法の副作用:手足のひりひり

 

手足のしびれ

雪だるまを作ったことありますか?
雪だるまを作ったあと温かい部屋に入るとしばらくは手足がジーンと痺れてますでしょ。

あのときの痺れとそっくりです。

熱いお湯を感じない

そういうときは温かい湯船に入ると、しだいにしびれがほぐれてきますが、抗がん剤による手足のしびれは、温かいお湯を感じることができず、どんなにお湯を熱くしても手足は冷たくジーンとしたままです。

手足のしびれは何年も続く

化学療法の副作用は治療が終わると徐々に改善していきますが、この手足のしびれだけは何年も残りますね。

今もしびれている

化学療法後、6年経ちますが、足のしびれは未だにかすかに残っています。
ただ、もうそんなに気になるほどではなくなりました。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。
次回はいよいよ最後の抗がん剤4クール目です。

化学療法の副作用:手足のひりひり

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

出典:
https://ameblo.jp/miri-5/entry-11709195575.html

タイトルとURLをコピーしました