乳がん手術跡を活かしたタトゥー

乳がん手術跡を活かしたタトゥー がんに負けないために
スポンサーリンク

乳がんの手術跡を気にする方は多いかと思います。

やはり女性にとって乳房は母性の象徴ですし、温存手術のせよ、全摘手術にせよ、乳房に傷跡を作るというのは、少なからずインパクトのある出来事には違いありません。

ですが人間はたくましいもので、初めはビックリするのですがだんだん慣れてきて、特に何も思わなくなるものです。

ただし、自分は慣れても第三者が見たら驚かれてしまうのは間違いありません。
乳房がない姿は初めて見るとかなりショッキングな印象があります。

そんな手術跡ですが、隠すのではなくタトゥーにして楽しんでいる例をご紹介します。

あえて手術跡を活かすタトゥーのお話です。

これから紹介する胸なら、隠すのではなく「見てみて!」と見せたくなることうけあいです!

スポンサーリンク

乳がん手術跡をあえて活かすタトゥー

海外の人たちは手術跡や傷跡を活かした自由な発想のタトゥーを施して楽しんでいます。

アメリカで2013年に、一人の乳がん女性とその親族が立ち上げたNPO「P.ink」(ピンク)をご紹介します。

「こんな手があったのかー」と感心してしまいます。
見てください、ため息が出るほど美しい花や鳥たちを。

やっぱり人間はたくましいなと感心してしまいます。
乳房を失って嘆くのではなく、新しい胸に生まれ変わらせる発想はとても素敵です。

タトゥー制作風景

こちらはそのタトゥーの制作の様子です。
動画はちょっと音が大きいので注意してください。

タトゥーなのでちょっと痛そうなので、痛いのが嫌な人は再生しないでください。
ただ、皆さんの嬉しそうな顔ったらないです。
見ているだけで幸せになれる制作風景です。

タトゥーはリスクはあるので注意

ただし、「ほう、いいじゃん」と気軽に飛びつくのは注意です。

タトゥーなのでもちろん消えません。
気軽に試すわけにはいかないので、もしこれをマネしてタトゥーを入れたいという方はご注意を。

そして日本のプールや公衆浴場では断られることが多いのは覚悟してください。

これは日本が「タトゥーに関してまだまだ遅れている」というのは誤解で、日本は「刺青文化の歴史があり過ぎるためマイナスイメージが定着」しているためです。

MRIもできなくなる可能性も考えられますので、乳がん患者としてのリスクも背負わなければ気軽にできるものではありません。

※火傷リスクはタトゥー内容によって決まるそうです。

タトゥーシールや、ヘナタトゥーなどの消えるタイプのタトゥーもあるので、ちょっと試すならそちらがおすすめです。
ただし、温泉やプールで断られっるのは同じですけど。

 

以上、手術跡をあえて楽しむ発想のタトゥーをご紹介しました。

興味がある方はアメリカで2013年に設立されたNPO「P.ink」(ピンク)で検索してみてください。

番外編:おしゃれを楽しむ弾圧スリーブ

こちらはリンパ浮腫の弾圧スリーブ。
乳がん手術の後遺症のリンパ浮腫。
その浮腫みを軽減させるために弾圧スリーブをつけることがあります。

これがまたダサいんで有名です。
もっさりした肌色なんで、いかにも病人的なんですよ・・・

圧迫療法

これもいろんな柄をいれてオシャレにしてしまおうという、海外のメーカーの発送です。

海外のものなので柄は日本人受けしないかもしれませんが、発想は素晴らしいです。
日本のメーカーさん、おしゃれができる日本人向けの弾圧スリーブ考えてくれないかしら。

おしゃれを楽しむ弾圧スリーブ

乳がん手術の後遺症リンパ浮腫の対処法
乳がん手術の後遺症でリンパ浮腫を発症してしまって1年ちょっと経ちました。今現在の私のリンパ浮腫の程度はレベル的にはⅡ期ということです。今回はリンパ浮腫の予防、自分でケアする上での具体的な対策をお話したいと思います。

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
タイトルとURLをコピーしました