乳がんのしこりの硬さ セルフチェック(自己検診)方法

スポンサーリンク
乳がんの「しこり」の硬さ セルフチェック(自己検診)方法しこり
スポンサーリンク

乳がんの「しこり」ってどんな硬さだと思いますか?

ゴムボールの様な柔らかいものを想像してる方もおられるかもしれません。
そういう弾力のあるしこりは良性のものが多いのだそうです。

スポンサーリンク

乳がんのしこりはまるで「石」だった

悪性のしこりは石のように硬いです。
そして胸の中で動かないのです。
触ってもぜんぜん痛みはありません。

 

それは不思議で、指で触っても動かない硬い石が胸の中にあり、まるで肋骨から生えてきた塊のような感触です。

この「石のように硬くて動かない」が乳がんの特徴です。

例外もある

何事にも例外はあるので、硬くても良性のしこりもあるし、柔らかい乳がんのしこりもあるので、一概に言えませんが、一般的には硬くて動かないのが多いということです。
私のはまさにその「硬くて動かない石」の感触でした。

 

「石のように硬くて動かない」が乳がんの特徴

 

 

乳がんのしこりを自分でチェック(自己検診)

乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。
簡単にできますので、お風呂に入ったときなど、どうぞご自分の乳房をチェックしてみてください。

定期的にチェック

難しく考えないでも、要は触って胸の中に固いものがないか探せばよいのです。
お風呂に入ってるときや、あおむけに寝てるときなど、自分でやりやすい方法で定期的にチェックしてみましょう。

生理前は胸が張ってるので、生理後の張りが取れた時期がおすすめです。

乳房の中にあるのでやや圧をかけて探す

特にボリュームがある乳房の方はわかりにくいので念入りに探してみてください。
乳房の中にあるしこりを探せるように、やや圧力をかけて押すようにするとわかりやすいかもしれません。

 

 

乳がんのしこりの探し方

親指以外の4本の指の腹で、やや押し気味で(強くは押さない)触っていきます。
内側は肋骨の真ん中まで、外側は脇のラインまでチェックします。

のの字

1円玉くらいの小さな「の」の字を書きながら乳頭周辺から外側に円を描くように触診。

縦横平行線

縦方向と横方向に平行線を引くように触診。

指先交互法

乳頭を中心に放射線状に触診。

絞る

乳房や乳首を絞って、乳頭から分泌物がないかチェック

脇の下も忘れずに

脇リンパ節にも転移することがありますので、乳房にしこりが触れなくても脇下にしこりを感じることがありますので、脇の下もチェックしましょう。

鏡チェック

鏡の前で腕を下ろしたり、ばんざいしたり、頭の後ろ手を組んだり、前かがみになったり、後ろに反ったり、身体を回転させたりして異常がないかチェックします。

  • 大きさ
  • ひきつれ
  • えくぼのような凹み
  • 乳頭の位置
  • 皮膚の色

 

 

 自分で血液検査できるキット

 

乳がんのしこりのできやすい箇所

乳がんはできやすい箇所というものがあります。
最も多いのは乳房の外側のやや上で、がん発生母体となる乳腺組織は、外側の上部にたくさん集まっているため、できやすいのです。私も外側の上部にできました。
約50%がそこにできますので、ご自分でセルフチェックするときは乳房の外側を特に念入りにチェックしてみてください。

 

乳がんのできやすい箇所

 

  1. 50% 乳房の外側の上部
  2. 20% 上部の内側
  3. 10% 複数の場所に及んでいる
  4. 5% 乳頭の下
しこりの特徴
  1. 痛みはほとんどない
  2. 硬さは石のように固い
  3. 胸の中で動かない
  4. 表面がデコボコ
  5. 熱っぽさを感じることもある

 

乳がん検診の時期

生理終了後一週間くらいの時期は乳腺の張りがないので、最も探しやすい時期です。
「生理が終わったらチェック」と毎月決めておくと良いでしょう。
反対に生理前は、もっとも張ってくる時期なので、この時期は避けた方が良いです。

 
 
健康人ネット
 
 

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/12875394/

タイトルとURLをコピーしました