乳がん発覚前の異変

乳がん発覚前の異変

乳がんと肩甲骨のコリ「膏肓」のツボ

今回お話するの肩甲骨にあるツボの「膏肓」のお話です。ずっと気になってたことが、肩甲骨のコリ、特に膏肓のコリについてです。私の乳房の中にまだガンがあったころから手術後しばらくは、「膏肓」がめちゃくちゃ凝っていたんです。乳がんと肩甲骨のコリは連動している気がしています。
ガンのニオイ

元乳がんの私が感じた、ある「尿のニオイ」について

私の乳房の中にがん細胞がまだあったとき、トイレのあとの尿のニオイが気になっていました。 それは胃がんだった父のトイレのあとのニオイそっくりだったからです。 胃がんと乳がんではニオイは違いそうですが、犬ほどの嗅覚を持っていないので...
レモンで表現した「乳がんの12の兆候」

レモンで表現した「乳がんの12の兆候」とセルフチェックの意義

12個のレモンはそれぞれ乳がんのタイプを表しています。一口に乳がんといっても様々なタイプがあり、見た目の変化もいろいろです。このように立体的なグラフィックで表現されていると一目瞭然、とってもわかりやすいです。
乳がん発覚前の異変

乳がん発覚前の異変 その2:胸が張る

乳がんと乳房の張りは関連ないといいますが、私は間違いなく乳房が張っていました。重痛く熱さを感じるくらいでした。ある程度の年齢に達した女性が、女性ホルモンが過剰になり乳腺症になるといわれています。そしてまた、女性ホルモンが多いと乳がんになりやすいので、その結果、私は乳がんになってしまったということなのでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました