抗がん剤終了後:涙目がもたらした恥ずかしいこと

化学療法・抗がん剤

乳がんの化学療法4クール目の後半から、そのあとも続いた副作用について書きたいと思います。
副作用は4クール目以降も続き、しかも副作用がもたらした別の副作用がしばらく続いたのでした。

抗がん剤の副作用:涙目

とにかく悲しくもなんともないのに、一日中泣きっぱなしでした。
知らない人が見たら何か悲しいことがあったのかと誤解したかもしれません。

「1リットルの涙」とよく冗談言ってましたが、泣くと喉が渇くんです。
いつも喉が渇いていました。

涙の理由

涙目も浮腫みが原因だそうです。

涙を鼻の中に排出する鼻涙管(びるいかん)という管があるのですが、その管が浮腫んで細くなり涙があふれてしまうのです。

抗がん剤の副作用:涙目

治らなかったら困るなぁ

これの解決はやはり、むくみを取ることにあるとのことでした。
私にできることは涙を拭くことと、漢方薬を飲むことでした。

涙腺に管を入れるという手術があるというのをどこかで聞いたことがあって、そうなったら嫌だ心配してました。
副作用がいろいろ出ると「治らなかったら困るなぁ」と心配になったりするんですよね。

でもその後、順調に浮腫みがなくなり、涙も出なくなりましたので何も心配ありませんでした。

 

ただで済まなかった涙

抗がん剤の副作用としてはこの涙が最後です。

ところが、この「涙」
やれやれやっと終わるかと、ほっとしたのが甘かった・・・

 

このときの涙がもたらす恐るべき悪循環が待ってたのです。

涙がもたらす恐るべき悪循環

 

抗がん剤の副作用の副作用:霰粒腫(ものもらい)

涙は寝ているときにも出ていたのか、朝起きると目が目ヤニですごいのです。
ひどいときには目が明かないくらいの目ヤニに覆われていました。

久しぶりの「ものもらい」

無意識で指で目を擦って目を開けるので、これが原因と思われる「霰粒腫(ものもらい)」になってしまいました。
おそらく免疫力も落ちていたので、それも影響していたのでしょう、子供の頃依頼久しぶりの「ものもらい」でした。

霰粒腫とは

霰粒腫とは 眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽という塊ができる病気です。
霰粒腫は麦粒腫と違って、人には感染しません。

霰粒腫(ものもらい)

 

抗がん剤の副作用の副作用の副作用:変な下痢

眼科を受診して飛び飛びに3ヶ月以上かけて、抗生物質を飲んで霰粒腫を治療したのですが、さっぱり効かないの!
効かない上に、とんでもない下痢をするの!

抗生物質で下痢

(またもや汚い話になってすみません・・・)
抗がん剤中も下痢をしましたがあの時と違って、2日も続く真っ黒の粘膜みたいな下痢

「セフジニル錠」という薬でしたが、眼科の先生にこの薬は私に合わないので、他の薬にしてくれとお願いしてもがんとして変えてくれず、ひどい下痢を3回我慢することになってしまいました。

抗生物質で下痢

抗生物質は無駄でした

しかも効かないのです!ぜんぜん!
私の瞼の上の塊は一向に小さくならず、結局最終的に4か月もたって瞼を切開してやっと治りました。

効かない上にさらなるトラブル発生

はじめから切ってくれればすぐ治ったというのに・・・
しかも困ったことに、このときの大下痢がもたらした別の副作用が待っていました!!

 

抗がん剤の副作用の副作用の副作用の副作用:切れ痔

しつこいタイトルにご勘弁を。

その下痢で、「切れ痔」になってしまいました。
・・・・「痔」って、なんなのそれ。

だって、効かない抗生物質を3回も飲まされた上に「切れ痔」になるなんて最悪です・・

排便時の激痛

切れ痔は勢いよく出た便で肛門の皮膚が切れてしまうことが原因になります。
そりゃあ切れますよ、あんなひどい下痢してれば。

傷みがだんだん増すので、薬局でボラギノールを買って使いましたが、抗生物質を使うたびまた痛くなるので、諦めて近所の外科を受診しました。

切れ痔

精神的につらかった切れ痔の診察

先生は60代くらいの優しい男性の先生でした。
お尻をべろんと出して肛門を内診するのですが、できればひと様に肛門はお見せしたくなかった・・

痔の治療はスムーズだった

お尻の穴は赤ちゃんの頃、親にしか見せたことがなかったのに・・・・
婦人科も嫌ですが、肛門もまた精神的につらいものですね。

ほぼボラギノールと同じような注入薬と、便を柔らかくする薬を出してもらいまして、わりとすんなり治りました。

眼科と外科を交互に通う

でもまた眼科の方で抗生物質を飲んで、そのあとはまた切れ痔になるので、その繰り返しです。
結局、瞼を切開するまで、眼科と外科の行ったり来たりの日々でした。

 

もう副作用はいらない

今回のことでやっと思いましたが、やっぱり健康が一番ですね!

今さら遅いかもしれませんが、この「切れ痔」をもってやっと気が付きました。

健康ならなんのトラブルもなく、行きたくもない病院にも行かなくて済みますし、痛い検査や、いろんな副作用や、お尻の穴をひと様に見せることもないのですから。

仕事で忙しいと「病気でもいいからゆっくり休みたい」なんて考えることがありますが、実際は病気になるとゆっくりできません。
やっぱり健康に勝るものなしです。

今度はホルモン療法

さて、長く続いた抗がん剤の副作用の日々もこれで終わりです。

けれど治療はまだまだ続きます。
今度は「ホルモン療法」が待っています。

このホルモン療法は5年継続しますので、乳がんの治療が終わるのはまだまだ先です。

この続きは「ホルモン療法」について書きたいと思います。

 

 

ひばり
ひばり
是非ぽちっとしていってね!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
【よく読まれている記事】

人とお金の大切さ

病気になるとお金と人に助けられます。

旦那が支えになってくれたり、貯金していて良かった・・など。

もちろん、お医者さんの一言一言に一喜一憂することもありました。

セカンドオピニオン的に、治験や保険も考えておくといいと思います。

乳がんと保険とFP

乳がんになるとやはり気になるのがお金。

保険に、たくさん助けられました。

私の最近の話ですが、
乳がんが治って5年以上経っていれば加入できる保険(アフラックなど)があります。
その加入状況、加入条件、その他に比較できるガン保険がないか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

あと、コロナウイルスの影響で円高傾向に推移しています。
予定利率が高いドル建て保険の検討もいいかもしれません。

保険に詳しくない人はココで確認するといいと思います。

乳がんの告知のタイミングで確認したいのが、

  • 手術前の加入で適用できる保険はないか?
  • 今入ってる保険で乳がんの手術料がどのくらい出るのか?
  • 乳がんになった人でも入れる保険はあるのか?
  • 保険料を安くするにはどうしたら良いか?
  • 保険料値上がりを避けるにはどうしたら良いか?

ただ、人生”100年”時代を考えてください。
もし、以下の3つをおろそかにしていたら、1日も早く、保険の相談をしてください。

  • 掛け金が安い掛け捨ての保険で死ぬまで(100歳まで)払い続けるか?
  • 終身保険で65歳で払い済みに。
2025年には5人に1人が認知症を発症というデータから
認知症保険の加入の検討
現状、要支援・要介護認定を受けている75歳以上の割合は3人に1人。
介護のリスクを考えて要介護2レベルの保険は必須ではないか?

ただ、乳がんの方は保険加入のハードルがかなり上がりますので、小まめに加入できる保険や見直しては、必要だと思います。
このページには、乳がんではない方も、多く訪れていただいていますので、早めに保険の見直しを行っておくといいと思います。

私は、乳がんになる前は保険なんて無頓着でしたが、病気以降はチョイチョイ相談しています。

【全国対応】>>ご相談はこちらから

治験に登録を

私の場合ですが、リンパ節の切除によりリンパ浮腫を患ったり、毎日絶好調というわけではありません。

それじゃなくても年を重ねてガタがでてくるし・・・。
そこで、

  • 最新治療が受けられる
  • 様々な検査が受けられる
  • 最新薬での治療
  • 発売前の機器を試せる

など、治験の会員登録をあらかじめしておくといいかもしれません。

*会員登録後、申し込み可能な治験が送られてきます。
現状、更年期障害、高血圧、花粉症などのモニターを募集中ですが、抽選であったり、すべての治験を受けられるわけではありません。
*治験によっては、お金がもらえるものもあります。

>>詳細はこちら

化学療法・抗がん剤涙目
【乳がん体験談】乳癌を経験した私が書いてみたブログ
タイトルとURLをコピーしました