化学療法・抗がん剤

化学療法・抗がん剤

抗がん剤治療で髪がなくなって困ったこと

乳がんで使う抗がん剤はたいてい髪が抜けるそうです。私もやはり髪が盛大に抜けまして、約3か月くらいはツルツル頭を体験しました。思わぬことに困ることもいくつかありました。抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けたことによって困った話です。
化学療法・抗がん剤

抗がん剤治療中の食べ物について思い出すこと

抗がん剤治療中は味覚が変わってしまって、普段美味しいものが美味しく感じなくなったり、味そのものがしなかったりします。抗がん剤治療中に食欲不振や味覚障害のときに食べやすかった物、食べにくかった物について書いてみたいと思います。
化学療法・抗がん剤

抗がん剤終了後:涙目がもたらした恥ずかしいこと

乳がん治療の抗がん剤の副作用の涙目。涙目がもたらした霰粒腫。霰粒腫がもたらした下痢。下痢がもたらした切れ痔。次から次へと副作用の連鎖が待っていました。
むくみ(浮腫)

乳がんの化学療法4クール目:むくみ・だるさ

化学療法の副作用でむくみ(浮腫)が出ます。ドセタキセルの影響で血管の浸透圧に変化が起こり、血液中の水分保持作用があるたんぱく質が血管外にあふれ出すことが原因と考えられています。浮腫みの症状でわかりやすいのは体重が増えるということです。
化学療法・抗がん剤

乳がんの化学療法3クール目:副作用で手足が大変なことに!

乳がんの化学療法3クール目:「手足症候群」で手足がベロベロに。化学療法3回目も副作用は2クール目とだいたい同じなのですが、より強い副作用となって現れました。私が受けたのはTC療法なのですが、回が増えるたびに、副作用の度合いが増すみたい。今回は新たに増えた副作用を中心に書きます。
化学療法

乳がんの化学療法2クール目:抗がん剤の副作用で食べ物の味がしなくなった

今回は化学療法2クール目のことを書きます。2クール目からは、本格的に副作用が出始めてきました。だいたい2日めの後半から突然怪しくなりました。いきなり「お、来た」という感じで、スイッチが突然入って具合が悪くなりました。これは何回やっても同じ、いきなり来るんですよ。そうなると体調も悪くなります。
化学療法

乳がんの抗がん剤治療(TC療法)と副作用

私がやったのは数ある抗がん剤の中で、ドセタキセル(商品名タキソテール)とシクロホスファミド(商品名エンドキサン)という、ややこしい名前の2種類の抗がん剤を併せて使用するものです。「副作用なんてきっと2~3種類現れるんだろう」と、これまた楽観視しておりました。 しかし実際は・・・・
化学療法・抗がん剤

抗がん剤治療前の準備

抗がん剤治療(薬物療法 化学療法)をする前にしたこと、あるいはした方が良かったなと思ったことを書きたいと思います。抗がん剤はがん細胞をやっつけるために、正常な細胞をも攻撃します。 なので、抗がん剤治療が始まる前に、治療できるものは治療して、体調を整えておくことがとっても大切になります。
化学療法・抗がん剤

乳がんの化学療法1クール目:抜ける前早々に髪の毛を剃ってしまった

乳がんの化学療法というのは実にさまざまな種類があるのですが、私はTC療法というものをやりました。TC療法はドセタキセル(商品名:タキソテール)とシクロホスファミド(商品名:エンドキサン)という2つの薬を組み合わせて投与するもので、早期乳がんに対する標準的な治療の1つです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました